できるだけ歯を削らない治療

桶川の歯医者|アズ歯科 桶川院

主訴:歯の隙間が気になる、ものがはさまる

下の歯と歯の間に隙間があり、食事の際にはさまって気になるとのことです。

 

こういった場合の治療方法は

 

1、歯を削って被せ物で形を変え、隙間をなくす

メリット:審美的できれい、材質によるが強度が強く長持ちする

デメリット:歯を大きく削る必要がある

 

2、矯正治療で歯を動かし隙間をなくす

メリット:歯を削る必要がない

デメリット:治療期間がかかる、装置をつけるため違和感がでる、保険外診療になる

 

3、歯を削らず、最小限の詰め物で形を変え、隙間をなくす

メリット:歯を削る必要がない、回数が少ない

デメリット:詰めたものが取れてしまう可能性がある

患者様と相談した結果、3の治療方法で対応することになりました。

 

表面の汚れをとり、詰め物がつきやすいよう研磨をおこないます。

それぞれの歯を医療用の樹脂を用い少しずつ形を修正していきます。

 

処置後の写真です。

 

歯自体をまったく削らず、審美的に修正することができました。

食べ物がはさまることも減り、喜んでいただけました。

 

治療期間 1日
治療費 1本 ¥30,000~
治療のリスク 詰めたものが取れてしまう可能性がある

 

 

桶川の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:審美治療, 歯科コラム

関連記事

AS DENTAL CLINIC.
日本歯科医療評価機構

患者様満足度アンケートにご協力ください。

患者様により良い歯科医療を提供するため、
第三者機関に依頼して
満足度調査を行っています。
当院には患者様の個人情報は
一切伝えられません。
是非、たくさんのお言葉をお寄せ下さい。

また、当院では皆様から頂いたご意見をもとに、スタッフ全員で医院をよりよくしていく取り組みを実施しています。
当院について、お気づきになられた点などがございましたら、何でもお気軽にご意見をお寄せください。