048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

ブログ

仕上げ磨きの重要性

子供の歯から大人の歯への生え変わりの時期は歯並びが安定していないため、とても汚れが溜まりやすい状態です。

また、子供自身の歯磨きも安定していないため磨き残しのある場合が多いです。

乳歯は大人の歯よりも弱いため、虫歯の大きさもどんどん進行します。

大人の歯も生えた当初は硬さが不十分のため、虫歯ができやすい状態です。

そういったことから、保護者の方の仕上げ磨きがとても重要になってきます。

 

今回は仕上げ磨きをしている時期としなくなってからの口の中の変化を説明します。

小学校低学年の患者様です。

本人の歯磨きの後、保護者の方が毎日仕上げ磨きをしている状態です。

当院では希望しない方を除いて全てのお子さんで、磨き残しを見るために染め出しをして記録をとっています。

染め出し後の写真です。

歯の表面にお茶などの着色はみられますが、色はほとんど染まらず、とても良い歯ブラシの状態です。

毎回検診でチェックするとほとんど汚れが残っておらず安心して経過をみることができていました。

 

その後、小学校高学年になり、仕上げ磨きをやらなくなったとのことです。

染め出して確認します。

 

色の付いている部分が磨き残しです。

前歯の磨きやすい部分にも汚れが残っており、歯磨きが不十分なことがわかります。

歯磨き指導は検診の都度行っていたため、歯ブラシの当て方は理解しており問題はなかったのですが、自分だけでの歯磨きになるとやはり手を抜いてしまっていたようです。

 

前後での比較です。

 

おやつや飲み物など保護者の管理しきれない部分もでてくるため、虫歯のリスクはどんどん上がっていきます。

毎日は難しくても、お子さんがやらせてくれる範囲で仕上げ磨きは続けていった方が安心かと思います。

また、定期的な歯科医院での染め出しによる磨き残しのチェックをおすすめします。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:小児歯科, 症例集

 

 

 

歯の形を変える方法

歯の形が気になるため、形を変えたいという主訴の方は多くいらっしゃいます。

一般的には歯の形を変えるには削って被せ物をしたり、プラスチックの材料を貼り付けて形を修正したりします。

しかし、人工物で修正した場合はその材料の劣化などで再度やり直しになってしまう可能性があります。

また、自分の歯を削ってしまうデメリットもあります。

 

患者様の状態によっては歯茎の形を修正することで、歯の見え方を変えることができます。

 

今回、歯の長さが短いことを気にされている患者様がいらっしゃいました。

処置前の写真です。

 

前歯は全て自分の天然の歯であり、今まで治療も受けていない状態です。

この状態から削ってかぶせることで歯の長さを変えることはできますが、歯へのダメージ、金額などを考慮し、歯茎の形を修正する方法を提案しました。

歯茎の厚み、歯茎の下に存在する骨の状態などを調べ、処置に移行します。

電気メスを使用し、歯茎の形を修正します。

傷の治りを見ながら2回に分けて行いました。

 

処置後の写真です。

歯茎の形を自然に揃うよう調整しました。

歯の長さも長くなり、見え方も変わり喜んでいただけました。

処置後の痛みもほとんどなく2回の通院で終了することができました。

 

処置前後で比較します。

 

歯を削らずに形を変える事ができる場合もあります。

一度削ってしまうと戻す事はできません。

歯の形、色など気になる点があればお気軽にご相談ください。

治療期間 1ヶ月
治療費  ¥30,000   +   tax
治療のリスク 歯茎の形が変化してくる場合がある

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:審美治療, 症例集

 

 

 

インプラント治療の流れ

インプラントってどういう治療なの?という質問をよく聞くので、

治療の一連の流れについて簡単にお話しします。

 

まず、歯がなくなってしまったところの骨に穴を開け、

インプラント(チタンという金属の根っこ)を入れます。

 

これが骨とくっつくまで数ヶ月待ちます。

 

実際だとこんな感じです。

 

その後、埋まってるインプラントを見えるようにするため、

大きめのキャップをつけて歯ぐきに馴染むまで待ちます。

 

実際にはこんな感じです。

 

これを外してみると、

こんな感じでぽっかり穴が開いていて、インプラントが見えるようになります。

 

その位置の型をとり、その歯に合わせた土台を作ってきます。

こんな感じです。

 

ここまできたら、あとは自分の歯に被せ物をつける時と同じ流れです。

 

この型をとって、

写真を撮って色を他の歯と合わせるようにして、

 

被せ物を作り、土台の上から被せるのです。

 

実際にはこんな感じです。

完成した被せ物をつけたところです。

 

わかりましたか?

ざっくりではありますが、こんな感じです。

 

歯を抜いたところにもう一度人工的な歯を作る、

というとてもシンプルな治療方法なんです。

治療期間 約5ヶ月
治療費  ¥400,000   +   tax
治療のリスク 被せ物がかけてしまう可能性がある

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:インプラント, 症例集

 

 

 

6月の診療のご案内

6月10日(木)はスタッフ研修のため休診いたします。

ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

その他は休診日、お昼休みなしで診療しております。

口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

乳歯の隠れた虫歯

症状がなくても虫歯が隠れていることがあります。

検診で来院された小学生の患者様です。

歯科用ルーペ、マイクロスコープにて慎重に確認します。

 

右上奥歯の乳歯の間に隠れた虫歯を発見しました。

上の写真で歯と歯の間が少し黒く見えるのが分かるでしょうか?

 

説明し同意の上、処置に移行します。

表層を削っていくと

虫歯が出てきました。

歯と歯の間から内部に進んでしまっている虫歯です。

 

虫歯に反応する染色液を用いて範囲を調べながら処置していきます。

 

虫歯を全て除去した状態です。

予想より大きく進行していました。

 

医療用の樹脂を用いて修復していきます。

できるだけ元の形に近く、フロスなどのひっかかりもできないよう詰めます。

 

このように症状がない歯でも虫歯が進行している場合があります。

乳歯は永久歯に比べ虫歯が早く進行してしまいます。

口の中は暗いため、自宅での仕上げ磨きだけではなかなか発見できません。

定期的な歯科医院での検診をおすすめします。

治療期間 1日
治療費  保険診療(約¥1,000)
治療のリスク 詰めたものが取れてしまう可能性がある。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:小児歯科, 症例集

 

 

 

できるだけ抜かない治療(セラミック)

前歯が折れたことを主訴に来院された患者様です。

前歯のブリッジが中の土台ごと折れてしまい、ほとんど歯が残っていない状態です。

被せ物の支えとなる歯が少ない場合、そのまま作り直ししても土台ごと取れてしまう可能性が高くなります。

また、被せ物が取れて、作り直してを繰り返すと歯自体がもろくなり抜歯になってしまうリスクが上がります。

こういった状態で治療を進める場合

①そのまま土台を作り直し被せ物を作る

②使える歯を増やすため、矯正治療で折れた歯を歯茎の中から引っ張り出す

③使える歯を増やすため、外科処置で歯茎と骨の形を整え歯を歯茎の中から出す

 

相談の上③の治療方法ですすめることになりました。

 

処置前

外科処置後

歯の分量が増えしっかりとした被せ物を作る準備ができました。

 

ここに歯の硬さに近いグラスファイバーの土台を使用し歯の形を整えます。

 

仮歯を作製し、最終的な形を想定し調整します。

 

この状態で経過観察を行い、問題が出ないことを確認し最終的な被せ物の作製に移行していきます。

 

歯の色を記録にとり、できるだけ自然な色合いで作製します。

 

セラミックを装着後の状態です。

自然な色、形が再現でき満足していただくことができました。

被せ物を作製する際、いくら良い物を選択しても中の歯の状態が悪ければ、中からダメになってきてしまいます。

そのため、根管治療、歯周病治療、土台、歯の形作りなど基本的な部分をいかに丁寧に治療するかでその歯の寿命が変わります。

審美的な部分にのみとらわれるのではなく、そういった基本的な部分もしっかりおこなっている歯科医院での治療をおすすめします。

 

治療期間 約3ヶ月
治療費  ¥400,000   +   tax
治療のリスク 被せ物がかけてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:審美治療, 症例集

 

 

 

メタボって歯周病と関係あるの?

メタボリックシンドロームと歯周病との関連性については、

わが国の疫学調査で検討されています。

 

それによると、

メタボリックシンドロームの5つの診断基準のうち、

陽性項目が4つ以上当てはまる人は、

健常者に比べて、

歯周病のリスクが6.6倍に上昇していることがわかりました。

 

逆に、

歯周病原因菌が増えると、

その構成要素であるリポ多糖(LPS:lipopoly saccharide)の

血中濃度が慢性的に高くなり、

肝臓や脂肪組織に脂肪がつきやすくなったり、

インスリンが十分に働かなくなることが報告されています。

 

つまり、

歯周病の人はメタボリックシンドロームになりやすく、

悪化しやすいことも明らかになっており、

歯周病とメタボリックシンドロームの関係は

基礎・臨床研究の両側面から実証されてきています。

 

生活習慣病であるメタボリックシンドロームと、

同じく生活習慣病である歯周病の関係性がわかったところで、

当院での歯周病の治療前後の一例をお見せします。

 

 治療前

治療後

 

定期的なクリーニングを続けて、歯周病、そしてメタボも予防していきましょう。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:歯周病, 症例集

 

 

 

5月診療のご案内

5月20日(木)、5月30日(日)の2日間について、

スタッフ研修および外部イベントへの出展のため休診いたします。

ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

その他は休診日、お昼休みなしで診療しております。

口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

前歯の審美ブリッジ

前歯の揺れと色が気になる事を主訴に来院された患者様です。

右側の白い被せ物が入ってる歯が大きく揺れていました。

また、真ん中より左側の歯の色が濃く、周囲と違うのがはっきりとわかります。

様々な検査と患者様との相談の結果、揺れてしまっている歯に関しては、残念ながら抜歯することになりました。

また、色の濃い歯に関しての治療方法は2つあります。

1:ホワイトニングで歯の色を変える

2、被せ物での治療で色と形を変える

今回の場合は歯の先端も一部欠け、歯自体ももろくなっているのが予想できるため、被せ物で治していく事となりました。

 

抜歯を行い、歯茎が治ってくるのを待ちながら、仮歯で経過を見ていきます。

抜いた部分の歯茎が落ち着いたため型取りを行います。

 

歯の色を記録し、できるだけ周りの歯に馴染む色で作製していきます。

 

できあがったセラミックを装着します。

形も色も違和感なく作製することができました。

噛み合わせの調整も少なく、とても満足してもらえたと思います。

 

丁寧な診療をすることで、精度の高い被せ物を作製することが可能になります。

しかし、その被せ物もメンテナンスをしていかないと、虫歯や歯周病でやり直さないといけなくなるかもしれません。

被せ物も自分の歯もできるだけ長く守るため、定期的な検診をおすすめしています。

 

治療期間 約3ヶ月
治療費  ¥400,000   +   tax
治療のリスク 被せ物がかけてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:審美治療, 症例集

 

 

 

GWの診療について

GW中の診療については以下の通りとなります。

GW連休中もお昼休みなしで診療を実施しておりますので、突然の口腔内のお痛みなどございましたらお気軽にご相談ください。

4月29日(木) 臨時休診

4月30日(金) 9:00~19:00

5月1日(土) 9:00~17:00

5月2日(日) 9:00~17:00

5月3日(月) 9:00~17:00

5月4日(火) 9:00~17:00

5月5日(水) 9:00~17:00

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

その歯まだ残せるかも

その歯まだ残せるかも(エクストルージョン)

差し歯が取れたから、歯医者に行って付け直したというご経験はありますか?

「次また取れたら、もうこの歯は抜かなきゃいけないよ」

と言われたことはありますか?

今回は、前歯の被せ物が取れてしまうというお悩みに対しての治療方法をご紹介します。

 

この真ん中に見える歯は被せ物です。

差し歯になっているのですが、何度も取れてしまい、それを防ぐために隣の歯とボンドでくっつけてあるようです。

このままだと磨きづらいですし、見た目もよくありません。

また、取れないように歯ぐきの中にまで被せ物を押し込んでいるので、歯ぐきに炎症もみられます。

一度、被せ物を外して、中の状態を見てみましょう。

虫歯の進行と度重なる治療の結果、残っている歯がここまで少なくなってしまっていました。

表と裏から見たところの写真です。

この状態では、見えている部分の歯が短く、被せ物をしても接着力が弱くなってしまうため、食事で力が加わるとすぐに取れてしまうことがわかります。

何度も取れては付け直してを繰り返しているうちにもし歯が折れてしまったら、本当に抜かなくてはならなくなってしまいます。

そうならないようにするには、この歯を矯正力で引っ張り上げて、被せる部分を作る必要があります。

残っている歯を引っ張るための装置をつけたところです。

隣の歯にワイヤーをくっつけて、そこを固定源にしてゴムの力で根っこを引っ張り上げます。

歯並びや咬み合わせによって、このワイヤーを裏側の見えないところにつけられる場合もあります。

この装置をつけて大体1~2ヶ月で引っ張り上げることができますが、その後は数ヶ月、後戻りしないか様子を見る必要があります。

引っ張り上げて、装置を外したところです。

歯の見えている部分が長くなりましたね。

ここまできたら、被せ物をするための土台を作っていきます。

土台になる材料を盛り上げ、被せ物をつけるために形を修正したところです。

繰り返しになりますが、歯ぐきより上にしっかり自分の歯の部分も見えており、この部分が、またすぐ取れない被せ物を作る上で大切なポイントなのです。

この状態で型を取り、被せ物を作ります。

 

被せ物をつけたところです。

隣の歯に色や質感を近づけるため、セラミックという材質を選択しました。

歯ぐきの炎症も落ち着きましたね。

治療の前後を見比べてみましょう。

隣の歯との間にボンドが見え、被せ物の色も透明感が弱く、

いかにも差し歯がついているように見えていた治療前の状態ですが、

治療後は、見た目はより自然な感じの仕上がりになり、

歯の周りもスッキリして磨きやすくなったとのことでした。

 

差し歯が何度も取れて、その度に付け直していたけど、

「もう限界だ、歯が残り少なくて、もう被せることはできないよ」

と言われてしまったら。

治療の選択肢を確認してみてください。

まだ、残せるかもしれません。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 虫歯治療

 

 

 

前歯の審美治療

前歯に入っている差し歯のやり直しを希望し来院された患者様です。

初診時の写真です。

 

かなり昔に治療を受けたとの事で、周囲の歯と大きく色がずれ、かけてしまっているのがわかります。

 

 

色と形を合わせるため、差し歯の作り直しを進めていくことになりました。

まず、被せ物を除去します。

 

 

神経の治療をすでに受けており、金属の土台が埋まっている状態です。

以前の治療がだいぶ古いため、根管治療のやり直しから進めていきます。

根管治療後です。

 

 

根管治療後、根の内部は充填材で埋まります。
しかし、強度としては十分とは言えず、そのままの状態では被せ物は作製できません。そのため根の内部を埋め補強し、全体の形を整える必要があります。

また、口の中には多くの菌が存在し、根管治療が問題なく終わっていてもその菌が根の内部に入ってしまうと再度感染を起こしてしまいます。 それを防ぐため内部を緊密に埋め、菌が入ってしまう経路をできる限りなくしていきます。 この処置を支台築造と呼びます。 レジンと呼ばれる医療用の樹脂を使用し歯の内部を封鎖し補強します。

従来の治療では型取りを行い、金属の土台を装着していましたが、金属が硬く歯へのダメージを考慮し、現在では歯の硬さに近いレジンとしなやかさがあるグラスファイバーを使用しています。 また、当院では状況に応じて、ラバーダムを使用し口の中の菌が歯の内部に入らないよう注意しながら支台築造を行っております。

支台築造後です。

 

 

治療開始の段階から仮歯を作製しておきますが、土台が入った段階で最終的な形態にできるだけ近い形に仮歯を調整していきます。

また、患者様と相談しこの状態から周りの歯の色を少し明るくするためのホワイトニングを行っていきます。

 

 

形、色に問題がなくなり経過を見てから、最終的な被せ物の作製に移ります。

歯の色の記録をとり、型取りを行います。

 

 

できあがったセラミックを装着します。

 

 

自然な色合い、形に仕上げることができました。

治療前後です。

 

 

今後、被せ物や歯に問題がでないよう定期的な噛み合わせのチェック、歯周病の検査が必要になります。

様々なケースの審美治療を行っております。

お気軽にご相談ください。

治療期間 約3ヶ月
治療費  ¥100,000   +   tax
治療のリスク 被せ物がかけてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:審美治療, 症例集

 

 

 

入れ歯、作りませんか?

歯周病が進行し、自然に歯が抜けることがあります。

自然に抜けるということは、

物が噛めないほどグラグラしているような状態です。

 

そのため、

歯が抜けて急に食事がしづらくなり困った、

とはならず、

歯科医院を受診せずにそのままにしてしまうことがあるようです。

 

その場合、歯がないため、

 

うまく咀嚼できなくなり、

食べ物をそのまま飲み込んでしまうようになったり、

 

歯を支えていた骨が痩せてしまうため、

顔の形も変わってきてしまいます。

 

食べる機能が失われているため、その機能を回復させる治療が必要になります。

 

その一つの方法が、入れ歯です。

それでは、実際の治療をお見せします。

 

 

 

「歯が抜けてしまったけど、今までそのままでした」

とお話しになった患者さんです。

残っている歯はグラグラで、噛みづらくなってきたとのことでした。

 

このままでは、うまく咀嚼できずに丸飲みするようになってしまい、

誤嚥してしまったり、胃をわるくしてしまうこともあります。

 

歯周病の進行が著しく、治療をして歯周病が治る状態ではないため、

抜歯して、入れ歯を作る治療計画を立てました。

 

 

抜歯後の状態です。

歯を抜いた部分の傷も治り、残った歯ぐきが見えています。

 

この歯ぐきの型をとり、ピッタリの入れ歯作りを始めます。

 

型をとったら、咬み合わせをみたり、

歯の位置にズレがないか確認する段階をふむので、

型とりから2~3回来院していただき、入れ歯を完成させます。

 

 

完成した入れ歯をつけた状態です。

見た目も良くなりましたね。

 

以前は柔らかいものしか食べられなかったけど、

今は好きなものを何でも食べられるようになったと喜んでくれました。

こんなに簡単にできることなら、もっと早く治療しておけばよかったなぁ、

ともお話しになっていました。

 

 

治療前

抜歯後

入れ歯完成後

 

食べられるようになることは、健康を保つためにとても重要なことです。

また、見た目のイメージも大きく変わります。

 

歯がグラグラだけど、まだなんとか噛めるし、

このままでいいやと諦めてしまっていませんか?

 

入れ歯を作って、心身ともに健康的な生活を送りましょう。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:入れ歯(義歯), 症例集

 

 

 

4月の診療について

4月18日(日)、4月29日(日)の2日間について、

院長のセミナー講演および地域イベントへの出展のため休診いたします。

ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

その他は休診日、お昼休みなしで診療しております。

口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

銀歯の下の虫歯

検診希望で来院された患者様です。

特に症状のある部分はありませんでした。

歯科用ルーペ、マイクロスコープを使用し口腔内診査の結果、

銀歯の下に虫歯が見つかりました。

マイクロスコープを用いて調べた治療前の写真です。

 

銀歯と歯の間にわずかに隙間がみられます。

治療の必要性を説明し、銀歯を除去していきます。

除去後の写真です。

 

 

虫歯の部分に反応する検知液を用いて、虫歯を染めだしていきます。

青く染まった部分が虫歯です。

 

 

虫歯を除去後、樹脂を用い歯の内面をなだらかにし銀歯を作りなおすための型取りを行います。

型取り前の状態です。

 

この後、銀歯を装着して治療は終了します。

症状がなくても虫歯ができている場合があります。

マイクロスコープや歯科用ルーペで拡大し診査することで、小さな問題もみつけることができます。

定期的な歯科医院での検診をお勧めします。

治療期間 約2週間
治療費  保険診療
治療のリスク 被せ物がはずれてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 虫歯治療

 

 

 

その虫歯、見逃したくない

虫歯って穴が開いているイメージ、ないですか?

 

例えば、こんな感じ。

 

でも、実は、こんなにわかりやすくない虫歯もあるんです。

 

 

 

 

 

この写真の中に、虫歯が一箇所あるのですが、わかりますか?

 

 

 

 

虫歯の治療を進めた時の写真がこちらです。

 

 

実は、この、歯と歯の間から虫歯がひろがっていたのです。

 

このように見えない位置に虫歯ができているということは、

決して珍しいことではありません。

 

 

そもそも虫歯というものは、

ずっと同じ場所に磨き残しがあり、

そこに虫歯菌がやってきて、穴を作っていくのです。

 

見える位置や、ツルツルの面にはそもそも磨き残しはできません。

このように、見えづらく、磨き残しがたまりやすい部分にできていくのです。

 

 

その代表的な部分が、この、歯と歯の間なのです。

 

さて、治療を進めます。

 

 

こんなに虫歯は進行していたのです。

虫歯の範囲を確認するために、専用の検知液で染め出しています。

青く染まっているところが虫歯なので、

ここからさらに虫歯を削っていきます。

 

 

最終的には、ここまでひろがっていました。

 

 

 

 

この状態からパッと見て、

虫歯がこんなにひろがっていたとわかりましたか?

 

我々はなぜ、ここに虫歯があるとわかったのかというと、

 

見た目のちょっとした色の違いや、レントゲン検査の結果からです。

それには専門的な知識と経験、

そして、マイクロスコープなどの精密検査機器が必要になります。

 

今回は、この見えづらい位置にできてしまった虫歯を、

早期に発見することができたため、

 

 

このように、白い詰め物で、即日に埋めることができました。

 

これがもし、もっと進行した状態で見つかった場合、

この白い詰め物だと強度不足で、

銀歯にしなければならなくなる可能性もあるのです。

 

もっとひどければ、痛くなって、神経をとる必要だってあるかもしれません。

 

 

大事なことは、

 

症状がなくても、

きちんと定期検診を受ける。

 

ということです。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 虫歯治療

 

 

 

被せ物を作る前のホワイトニング

被せ物や差し歯を作りなおす際に、その色をどうするか毎回患者様と相談します。

現状の歯の色に合わせて作るのか。

どの歯の色に合わせて作るのか。

もしくはあえて少し白く作るか。

など、歯によって色の違いがあるため、どの歯のどの色を基準に作るのかはとても重要になってきます。

特に保険外治療でのセラミックの作製で、前歯においては。

 

だいぶ昔に作った前歯の被せ物のやり直しを希望された患者様です。

前歯の被せ物が周りの歯と色の差が大きく浮いた印象を受けます。

 

被せ物を作る際、周囲の歯の色を参考にするのですが、その歯の色をどうするか相談していきます。

セラミックでの修復を希望し、せっかくきれいにつくるのであれば少し今より白くしたいとホワイトニングを希望されました。

 

自分の好きな程度にまでゆっくり白くできるホームホワイトニングを行いました。

型取りを行い、患者様の歯型にあったオーダーメイドのトレーを作製します。

2週間程度ホワイトニングをすすめてもらいました。

 

ホワイトニング後の写真です。

 

処置前後で比較します。

明るくなっているのがわかると思います。

 

この色に満足されたため、色見本を使用し歯の色の記録をとります。

ここからセラミックの作製に移行していきます。

セラミックに関しては別の記事で詳細を説明する予定です。

 

様々なケースのホワイトニングに対応しております。

お気軽にご相談ください。

治療期間 約2週間
治療費  ¥30,000~
治療のリスク 色が後戻りする可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

 

 

 

乳歯の虫歯治療

お子さんの歯みがき、毎日してくれていると思いますが、

前歯がこんな感じになっていたら、

それは、虫歯です。

 

ストローでジュースを飲むことが多い子どもは、

前歯の間に甘いものがたまりやすいため、

ここに虫歯ができやすいのです。

 

ここは歯ブラシだけではキレイに磨ききれないので、

デンタルフロスを使ってあげてください。

こんな感じの持ち手があるやつだと使いやすいと思います。

虫歯を作らないように、日々の歯みがきが何より大事なのです。

 

それでも今回のように、

実際に虫歯で穴があいてしまったら、

歯医者で虫歯治療をしなければなりません。

 

 

治療後の写真です。

虫歯を削って、白い詰め物で埋めました。

 

虫歯が小さければ、痛みもなく、麻酔なしで処置することも可能です。

 

なので、

保護者の方による毎日の歯みがき、

そして、

細かなチェックをお願いします。

 

虫歯か、あやしいなと思ったら、すぐに見せてください。

 

←治療前

←治療後

 

いっしょに、お子さんの虫歯ゼロを目指しましょう。

定期的な虫歯検診、お待ちしています。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:小児歯科, 症例集

 

 

 

3月の診療のご案内

3月30日(火)は院内研修のため14時から診療を開始致します。

その他は休診日、お昼休みなしで診療しております。

口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

セラミックインレー、クラウン

主訴:銀歯をきれいにしたい

下の奥歯に入っている金属が口をあけると見えて気になるため、きれいにしたいと来院されました。

かなり昔に治療したとのことで、銀歯の中に虫歯があることも疑えるため、治療しセラミックで修復することになりました。

 

治療前の写真です。

 

右の奥歯から治療を開始しました。

銀歯を除去した状態の写真です。

 

銀歯の下に虫歯ができていました。

症状はなくても、経年劣化により銀歯の変形が起こり、そこから菌が侵入し虫歯ができていたと考えられます。

虫歯を除去後、セラミックを作製するため、型取りを行います。

また、周りの歯の色にできるだけ近く自然な色合いにするため、色見本を使いながら現在の歯の色を確認し記録をとります。

 

 

その後、できあがったセラミックを装着します。

装着後の写真です。

 

 

とてもきれいで違和感なく仕上がりました。

セラミックは審美的に優れているだけではなく、表面が滑沢なため汚れや着色がつきづらい材質です。

定期的なメンテナンスをしていけば、長期間この状態を維持することが可能になります。

治療期間 2回
治療費  ¥150,000 + 税
治療のリスク 詰めたものが欠けてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:審美治療, 症例集

 

 

 

できるだけ歯を削らない治療

歯と歯の間にできた虫歯です。

色が黒くなっているのがわかると思います。

 

もともとは

 

このような状態でした。

症状もなく検診で来院された患者様です。

レントゲンには写ってこない程度の大きさの虫歯です。

マイクロスコープを使用し、虫歯があることを発見し説明後治療に移行しました。

 

健康な部分を触らないよう慎重に進めていきます。

虫歯を完全に除去し、樹脂で形を修復していきます。

 

処置後の写真です。

虫歯を小さい状態で発見し、できるだけ小さく治療することで歯へのダメージも最小限で済みます。

症状がなくても定期的な検診をお勧めします。

 

治療期間 1回
治療費  保険診療
治療のリスク 詰めたものが欠けてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 虫歯治療

 

 

 

セラミックという選択肢

奥歯に被せ物(かぶせもの)をした治療のお話をします。

 

患者さんは数年前に奥歯に白い被せ物をしたところが欠けてしまったようで、

そこを治したいということで来院されました。

 

この矢印の部分です。

 

まずは、欠けてしまった原因を考えます。

 

硬い物を咬んでしまって、当たりどころが悪かったのか、

ということは、咬み合わせも悪いのか、

それとも、被せ物の形が悪いのか、

はたまた、

被せ物の素材(強度)に問題があったのか、

被せ物の接着が不十分だったのか、

 

様々な原因が考えられます。

 

そこで、

また同じように欠けてしまわないように、

まずは仮歯(かりば)をつけてみて、しばらく様子をみます。

 

 

仮歯は、素材が樹脂(プラスチック)のようなもので出来ており、

これは最終的に被せる素材よりも柔らかく、弱いのです。

 

なので、

咬み合わせに問題があると、

すぐに欠けたり、外れたりしてくることになり、

その形に問題がないか考えるための判断材料になります。

また、

問題があった場合に、その形を足したり削ったりして、

調整することができるのです。

 

ただし、

仮歯は調整はしやすいのですが、

素材が劣化しやすく長期的に付けておくことが出来ないため、

この形であれば問題がないぞ、というところまで調整が進んだ段階で、

本物の被せ物を作る過程に進みます。

 

まずは、歯の土台の型をとって、模型を作り、

他の歯の色と比較しながら、被せ物の色を決めます。

 

そうして出来上がった被せ物がこちらです。

 

今回は比較のために、2種類の素材で作ってみました。

左も右も、セラミックという素材で作っているのですが、

細かいところまで言うと、その組成や作り方が少し違うのです。

 

同じセラミックでも、いくつか種類があるので、

患者さんの歯の色や、咬む力の強さ、被せる歯の部位や本数によって、

どの素材が良いか、考えて作っているのです。

 

2つの被せ物を実際に、はめてみました。

 

いかがでしょうか。

形は、最終調整した仮歯と同じになるように作っていますが、

素材をセラミックにして、溝の形や、色を仕上げると、

本物の歯のように綺麗になりますよね。

 

今回は、強度や、見た目の観点から、

よりお好みに合った、上の写真のほうの被せ物を選択することになりました。

 

 

「歯が欠けたから、治療して、白い被せ物をしたい」

 

という思いを抱える患者さんは多くいらっしゃいます。

 

その気持ちに応えるために、

まずは一人ひとりに合った治療法、

そして選択肢があることを知っていただき、

ご希望に沿った治療ができればと考えております。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:審美治療, 症例集

 

 

 

歯みがきで認知症を予防する?

高齢になると歯や口の機能が低下し、

それがさまざまな病気を引き起こす要因になります。

 

 

認知症もその一つです。

 

噛むことが脳の活性化につながることは知られていますが、

歯の喪失はアルツハイマー型認知症のリスクを高めることも明らかになっています。

 

 

 

 

歯を失う主な原因は歯周病と虫歯です。

 

中でも歯周病は糖尿病が重症化しやすく、

逆に糖尿病の人は歯周病が重症化しやすくなります。

 

 

 

 

認知症と糖尿病も同じような関係性にあることを考えると、

歯周病で糖尿病が悪化することによって認知症も増悪するという悪循環に陥る可能性があるのです。

 

 

 

 

最近では、国立長寿医療研究センター、名古屋市立大学などの研究グループによって、

血液を介して脳内に入り込んだ歯周病原因菌がアルツハイマー型認知症の原因の一つであるアミロイドβ蛋白を増やし、

認知症を悪化させていることがわかってきました。

 

 

認知症においても歯周病予防や歯の喪失防止はとても重要なのです。

 

 

当院での歯周病治療の一例をお見せします。

 

↓   治療後

 

 

歯周病の進行を予防するためには、定期的な検診が必要です。

 

 

お口をキレイにして、全身の健康維持につなげましょう。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:歯周病, 症例集

 

 

 

2月の診療のご案内

2月も休診日、お昼休みなしで診療しております。

口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

労災保険指定医療機関

2021年2月1日より、当院が労災保険指定医療機関となりました。

労災保険とは雇用されている人が仕事や通勤中に起きたケガや病気などに保険給付を行う制度です。

労災保険指定医療機関で受診される場合は患者さまの窓口での支払いはありません。

まず、予約時に労災保険での治療希望であることをお知らせください。
来院時に必要事項を記入した「療養の補償給付たる療養の費用請求書」業務災害用(様式第5号)または通勤災害用(様式16号の3)をお持ちください。

ご不明な点はお気軽にスタッフまでお尋ねください。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

矯正治療(抜歯あり) つづき

 

 

矯正治療(抜歯あり)

 

↑以前紹介した抜歯を含んだ矯正治療のその後の経過です。

下の歯並びがある程度整ってきたため、上にも装置をつけ始めました。

患者様が上の前歯を下げたい希望があったため上の歯の抜歯を行います。

 

前歯を後ろに引くにあたって、歯を抜いて作ったスペースを後ろの歯が前に来ることでなくしてしまうとまずいので、上の奥歯を装置を使い固定し、前に移動できないようにします。

固定装置が入った状態です。

 

一般的な装置を使用しての矯正治療は歯同士が引き合って歯が動いていくため、動かしたくない歯については固定が必要です。

 

ここから上の歯を並べるために全体に装置をつけ、抜歯も行っていきます。

 

 

月1回矯正器具の調整を行い、上下同時に歯を動かしていきます。

治療開始から1年ほど経過した状態の写真です。

 

治療前です。

 

 

治療前後で比較します。

 

 

全体的にきれいな歯並びになってきています。

このまま上下の歯を抜いたスペースを閉じながら前歯を下げ、噛み合わせを揃えていきます。

矯正による大きなトラブルもなく順調に治療をすすめる事が出来ています。

経過をまた報告していきます。

当院では院長および矯正専門医による治療を行っております。

また、マウスピースの矯正や裏側からの矯正治療も対応しております。

お気軽にご相談ください。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 矯正治療

 

 

 

前歯、白くしませんか?

よく見たら、この歯だけ色変わってる?

なんてことありますか?

 

それはもしかしたら、

「昔、治療で歯の神経をとったから」かもしれません。

 

 

 

この写真の前歯、1本だけ他の歯より暗くなってる歯がありますよね。

 

「べつにホワイトニングして真っ白にしたいわけじゃないんだけど、色が気になる歯があるんですよね」

っていう相談、結構あるんです。

 

そんな方にオススメなのが、

ウォーキングブリーチというタイプのホワイトニングです。

 

一度神経をとる治療をした歯は、色が暗くなってしまうことがあります。

そして、

神経をとるために開けた穴と、

その穴を埋めるための詰め物が必ずあります。

 

その穴を利用したホワイトニングなのですが、

どうやって白くするかというと、

埋めてある詰め物を一度とって、中にホワイトニングの薬を入れるだけなんです。

 

簡単ですよね。

 

でも、それだけで、

 

 

 

 

こんなに白くなるんです。

これなら違和感ないですよね。

回数は2〜3回通院してもらう必要がありますが、

治療は痛くないですし、

歯を削る必要はありません。

 

気になる歯がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

 

 

 

ホームホワイトニング

ホワイトニング希望、60代女性の患者様です。

現在の歯の色を気にしていました。

治療前の写真です。

 

ホワイトニングに興味はあるけれど、真っ白くなるのは嫌とのことです。

急に白くはならず、ゆっくり色のコントロールがしやすいホームホワイトニングをおすすめしました。

 

型取りを行い、専用のマウスピースを作製します。

10,500円のホームホワイトニング【東京で一番安い】赤坂見附・原宿

薬剤をお渡しし、使用方法を説明します。

 

自宅で使用してもらい、定期的に医院で問題が生じていないか確認していきます。

 

ホワイトニング終了後の写真です。

 

全体的に白くなり過ぎず、口元が明るくなりました。

しみる症状も出ず、満足していただけたと思います。

 

治療前後での比較です。

 

当院では患者様の希望に合わせたプランでのホワイトニングを提供することが可能です。

お気軽にご相談ください。

治療期間 約1ヶ月
治療費  ¥30,000~
治療のリスク 色が後戻りする可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

 

 

 

”幼若”永久歯?

みなさん、

 

「幼若永久歯」

↑ これ、なんて読むか、わかりますか?

 

 

答えは、「ようじゃく えいきゅうし」です。

直訳すると、幼くて、か弱い、大人の歯、ということです。

 

 

子どもの歯から大人の歯に生えかわるのは、

だいたい 6 〜 14歳くらいの間です。

 

 

グラグラしていた子どもの歯が抜けて、

大きな大人の歯が生えてくると、なんだか頼もしいですよね。

 

しかし、

 

生えてきたばかりの大人の歯=永久歯は、

じつは、まだ ”未完成” なのです。

 

 

乳歯が抜けるまでの間、

歯ぐきの中で成長していた永久歯は、

歯根が 2/3 以上完成すると、

口の中に見えてきます。

 

そうなんです、

全部完成する前に生えてきてしまうのです。

 

 

そして、

根だけでなく、見えている部分も、

① エナメル質が酸に弱い

② 象牙質が薄い

などの理由から、虫歯に対する抵抗性が低いのです。

 

 

つまり、

 

虫歯になりやすく、その進行が早い。

 

はい。

 

 

 

せっかく生えてきたばかりの永久歯が虫歯になりやすかったなんて、

なんだか悲しいですよね。

 

 

 

でも、

そっか、

虫歯になりやすいなら、よくみがけば良いじゃないか。

 

 

そう考えてくれるとうれしい

 

のですが、、、

 

 

じつは、

 

みがくのも大変なのです。

 

 

生えてきたばかりの永久歯には、

 

① 溝が深くて、デコボコがはっきりしている

② 前歯の裏側にくぼみがある

 

という特徴もあるのです。

 

 

ここで、生えかわりの途中であるお子さんの写真を見ていきましょう。

 

 

みがき残しが見てわかりやすいように、紫色に染色しています。

 

矢印で示している歯が、永久歯です。

それ以外のところは、まだ生えかわっていない乳歯です。

 

 

永久歯のほうが、みがけていないのは一目瞭然ですよね。

 

 

 

次を見てください。

 

 

こちらのお子さんは、正面から見ると、

永久歯も乳歯も同じくらい、みがき残しが付いているように見えますね。

 

 

 

では、前歯の裏側や、奥歯はどうでしょうか。

 

 

生えてきたばかりの前歯の裏側や、奥歯は、

乳歯にくらべて、

デコボコがはっきりしているので、

ここにも、みがき残しが溜まってしまっています。

 

 

 

 

 

生えかわりが進んでくるのは、だいたい小学校に入学する頃からです。

 

「歯みがきくらい、もうひとりで一人前にできるよ」

という子もいるかもしれません。

 

しかし、

乳歯だけだった今までのお口の中とは違って、

歯みがきの難易度が上がってくることを覚えておいてください。

 

 

永久歯への生えかわりの時期は、

将来、虫歯のない歯ならびを作るために、とても大事な時期です。

 

そのためには、

親子での仕上げ歯みがきが必要と考えます。

 

ぜひ保護者の方も、お子さんのためにもう一度、

いっしょに歯みがき指導を聞いてみてください。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:小児歯科, 症例集

 

 

 

デュアルホワイトニング

ホワイトニング希望の患者様です。

相談の上、自宅で行うホームホワイトニングと医院で行うオフィスホワイトニングの両方を使用した、デュアルホワイトニングを行うことになりました。

○デュアルホワイトニングの流れ

まず、ホームホワイトニング用の型取りを行いマウスピースを作製します。

処置前の歯の色の記録をとります。

10,500円のホームホワイトニング【東京で一番安い】赤坂見附・原宿

自宅で専用の薬剤を使用し、ホームホワイトニングから始めていただきます。

ホームホワイトニングにより色の変化が起こりやすい状況を作ってから、オフィスホワイトニングに移行します。

当院のホワイトニング

ホームホワイトニングでは使用できない薬剤を用い、専門の歯科衛生士が担当します。

患者様の希望にもよりますが、オフィスホワイトニングを1週間程度あけて、2回行います。

その間も可能な範囲で自宅でのホームホワイトニングも続けていただきます。

 

処置前の写真です。

 

 

デュアルホワイトニング後の写真です。

 

 

今回はホームとオフィス合わせても期間は約2週間で終わりました。

 

前後での比較です。

色のトーンが上がり、きれいな歯の色になっていると思います。

(上の前歯2本は被せ物のため、色の変化は起きません)

ホームホワイトニングを休まずしっかり続けていたことと、歯磨きの状態、歯茎の状態が良かったこともあり、短い期間で終了しました。

定期的にホームホワイトニングを行うことで、この色をキープすることができます。

 

色の変化は患者様によって大きく差があります。

色が落ちづらい場合でも継続していけば、少しづつ変化は起こります。

当院では様々なケースのホワイトニングを行っております。

お気軽にご相談ください。

 

治療期間 約2週間
治療費  ¥50,000~
治療のリスク 色が後戻りする可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

 

 

 

1月の診療のご案内

1月も休診日、お昼休みなしで診療しております。

口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

矯正無料相談のお知らせ

1/9(土)、1/30(土)、2/6(土)は矯正の専門ドクターによる、
歯並びに関するご相談を無料にて承っております。

この機会にぜひ一度、ご相談ください。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

神経がなくなると歯は割れやすくなる

前回の症例ブログの写真です。

虫歯が神経まで達してしまうと、歯の内部の神経をとる治療が必要になってしまいます。

元々痛みがあれば神経を取ることによって症状は緩和しますし、冷たいものでしみたりしなくなります。

しかし、神経を取ること(根管治療)でのデメリットが多くあります。

 

デメリット

①神経と一緒に血管も除去するため、歯の内部の象牙質への栄養供給が遮断され、歯の内部は固く乾燥した状態になり、もろくなってしまう。

②根管治療を行う為に、歯の内部を削ることも多く、むし歯などで歯そのものがあまり無い場合には、歯の機能回復のために土台となる部分を作る必要があり、最終的に削って歯を被せる治療が必要です。それにより、歯の内側だけでなく外側も被せるために削る必要が生じ、歯の大部分を削ることになってしまう。

③治療時間、期間、被せるための費用がかかる。

④歯の栄養が行き渡らない為、歯の変色を起こす。

⑤内部で再感染を起こし、痛み腫れが出てくる場合がある。

歯の構造はとても複雑な形状をしていて、一人一人の歯の形状が違っていますし、歯の神経の形状は網目のような形であることが多く、簡単に除去できるものではありません。
また、感染を防ぐために、緊密に神経の空間に薬を詰め込むことも難しいのです。

歯の内部の断面図

 

歯の神経の治療、根の治療は、高度な技術を必要とするとても難しい治療です。

そのためには虫歯が神経まで進行しないよう、定期的な歯科医院でのチェックをお勧めします。

 

上で記載した通り、神経を取ると歯はもろくなり、割れる可能性が上がります。

 

以下で症例を載せていきます。

(血などが苦手な方は見ないようにお願いします。)

 

以前根管治療を受けた歯の周りの歯茎が腫れて来院された患者様です。

レントゲンで確認しました。

 

以前                  今回

 

以前のレントゲンと比べ、今回のでは隣の歯との間が黒く見えます。

この部分の骨がなくなっている状態です。

その他の検査も行い、歯が割れていることが原因と説明し、残念ながら抜歯することになりました。

 

抜歯後の写真です。

 

拡大してみると

亀裂が入っているのが確認できると思います。

この部分から菌が侵入し、歯の周りの組織にダメージを与えた結果、骨が溶けてしまったと考えられます。

 

また、他の患者様での歯の破折による抜歯後の写真です。

割れているのが確認できます。

菌はとても小さく、少しでも亀裂などがあれば、そこから簡単に内部に侵入してしまいます。

定期的にチェックしても、歯が割れそうかどうかの診断はとても難しいです。

まずは神経の治療にならないように虫歯を作らないのが大切だと考えます。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:根管治療, 症例集

 

 

 

銀歯の下の虫歯です

虫歯の治療をお見せします。

 

 

この銀歯の一部が欠けているように見えると思います。

この欠けている部分だけが虫歯かと思いますよね。

 

虫歯はこの銀歯の下にも隠れているため、まずは銀歯を外します。

 

 

 

すると、

 

欠けているところ以外にも、黒くなっているところがありますね。

銀歯をくっつけていたセメントが変色している部分もあります。

 

この黒くなったセメントと、その中の虫歯になっているところを削ります。

 

 

 

銀歯の外形よりも穴が大きくなってきました。

ここまできたら、ある程度虫歯がとれたかなと思いますよね。

 

ここで、虫歯が青く染まる薬で確認してみましょう。

 

 

まだまだ残っていました。

 

この青くなっているところを削っていきます。

 

穴もずいぶん深くなってきました。

なんだか真ん中のあたりに暗い部分が見えてきましたね。

あの奥に神経があります。

これ以上削ると、その神経がむき出しになってしまいます。

ここまできたら虫歯はもうないでしょうか。

ここでもう一度、虫歯がないか、先ほどの薬でチェックしてみましょう。

 

 

 

神経の周りにもこれだけの虫歯がひろがっていました。

 

じつはこの患者さんは、数日前からこの歯に強い痛みを感じていました。

それは、こうした虫歯が神経まで及んでいたためなのです。

 

そうなっている場合、虫歯をとるだけではなく、感染した神経までとる必要があります。

それが根管治療と呼ばれるもので、治療範囲も大きくなってしまうのです。

 

ちなみに、

こんな感じで、治療を進めていきます。

歯の中身をとらなければならないので、歯を削る量も当然増えます。

 

 

こんなに小さな穴なのに、、と思うかもしれません。

 

しかし、

レントゲンを含めた歯科医院での定期検診を行なっていれば、

ここまで虫歯が大きくなる前に発見することができるのです。

 

痛くなるまで虫歯を放置しないことが大事です。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 虫歯治療

 

 

 

矯正無料相談会のお知らせ

12/26(土)、1/9(土)は矯正の専門ドクターによる、
歯並びに関するご相談を無料にて承っております。

この機会にぜひ一度、ご相談ください。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

根管治療

主訴:セカンドオピニオン

右下の奥歯の痛みで通院していた歯科医院で抜歯が必要と説明を受け、抜歯以外の治療方法がないか相談で来院されました。

 

CT画像で歯の中の状態を確認します。

CTの全体像

正面像

根の先とつながるように黒く穴のように空いてる部分が確認できると思います。

その部分が不十分な根管治療で残ってしまった汚れや菌によって骨が弱くなっている部分です。

またその下に顎の骨の中を通る神経が存在しています。

この神経は下唇や顎先の感覚を司る神経です。

 

側面像

 

この歯をこのまま放置していくと、菌が顎の神経の中まで侵入してしまい、顎先などの感覚が麻痺してくる可能性があります。

その為、根管治療のやり直しを行い、治癒してこない場合は抜歯の可能性があることを説明し治療に移行していきました。

ラバーダム、マイクロスコープを使用し、慎重に根管治療を行なっていきます。

 

治療後のCT画像です。

全体像

 

正面像

 

側面像

根の先まで材料がしっかり詰まっていることが確認できると思います。

 

治療前後のCT画像比較

 

 

骨ができており、治療前に見えていた根の先の黒い空洞もなくなっているのが分かります。

症状もなくなり、被せ物を作り治療は終了です。

根管治療はとても難易度が高く、必ず治るわけではありません。

しかし、丁寧に治療することによって治すことができる歯もあります。

お気軽にご相談ください。

治療期間 3ヶ月
治療費  保険診療
治療のリスク 再発する可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:根管治療, 症例集

 

 

 

年末年始の診療時間について

年末年始の12月29日(火)~1月3日(日)については診療時間を短縮して診療いたします。

9:00~17:00(最終受付16:30)

 

また、この期間については基本的には急な処置を要する患者様のご予約を優先させていただけたらと存じますので、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

年末年始に急なお痛みなど口腔内のお困りごとがございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

子ども虫歯ってどんな色?

虫歯のイメージって、何色ですか?

 

 

たいていの人は “黒” を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

じつは、虫歯が黒くなるのは大人だけなのです。

 

 

 

そもそも、なぜ虫歯が黒くなるかというと、

 

虫歯菌が出す酸によって歯が溶ける → 溶けた部分が再石灰化する

という過程を繰り返していく中で、

 

歯に黒い色素が取り込まれることが原因なのです。

 

つまり、

一度虫歯になり始めてから、その部分が黒くなるまでには、

ある程度時間がかかるということです。

 

 

では、乳歯の虫歯はなぜ、黒くならないのでしょうか。

 

 

 

答えは、

「乳歯は永久歯(大人の歯)にくらべて、やわらかくて、虫歯の進行が早いから。」

 

 

 

先ほどお話ししたように、

虫歯が黒くなるには時間がかかるのですが、

乳歯が虫歯になって溶け始めると、

そのスピードが早すぎて、

あっという間に歯が溶けてスカスカになってしまいます。

 

 

なので、

ポチッと黒く見えてくる前に、歯の中にぽっかり穴があいてしまうのです。

 

 

 

 

 

実際の写真を見てみましょう。

 

↑この写真のどこに虫歯があるのでしょうか。

 

 

 

 

 

じつは、ここでした。

 

これもかなり明るくして、写真をアップにして、やっとこんな感じで見えてくるのです。

 

 

 

 

虫歯になっている部分が青く染まる専用の薬で染め出してみると、、、

 

 

 

はい、こんな感じです。

 

 

 

そしてまたこの染まっている部分、虫歯になってしまっている部分をキレイに取り除いていくと、、、

 

 

 

 

 

なんと、虫歯はここまで大きくなっていたのです。

 

 

 

 

 

 

虫歯の治療を始めるまで、

こんなに虫歯が中で広がっているように見えましたか?

 

 

 

 

そうなんです。

子どもの虫歯は、こわいのです。

 

 

虫歯が進行するスピードが早くて、黒く見えないから、

気づかないうちに大きくなっているのです。

 

 

ちなみに、治療のつづきとしては、

 

 

こんな感じで、コンポジットレジンという材料で、

あいた穴を埋めることになります。

 

 

 

注意してほしいのは、

これは、歯が再生したわけではないということです。

 

 

もともとこの部分が虫歯になっていたということは、

ここがきちんと歯みがきできていなかったということです。

 

 

ということは、このコンポジットレジンで埋めたところを、

今後も同じように歯みがきできなければ、

 

コンポジットレジンを埋める前の状態、

つまり、

この残っている歯の内部から、

虫歯の進行が再スタートすることになります。

 

 

 

 

そうならないためにも、

 

① 虫歯になっていないかどうかの早期診断

② 日々の歯みがきがきちんとできているかのチェック

 

 

この2点の重要性をわかっていただけたでしょうか。

 

 

当院では、希望されるお子さん全員に、

みがき残しチェックのための染め出し、

写真撮影を含めた経過の確認を行なっております。

 

ぜひ、定期的な検診にお越しください。

お待ちしております。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:小児歯科, 症例集

 

 

 

12月診療のご案内

12月は休診日、昼休みなしで診療しております。

年末年始も休まず対応しております。

お口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

親知らずの抜歯

主訴:親知らずの抜歯希望

親知らずの痛みにより、他の医院を受診したところ大学病院など大きい病院での抜歯をすすめられ、相談のため当院に来院されました。

右下の親知らずの一部が口の中に見えている状態です。

 

 

レントゲン撮影を行い、親知らずの向き、位置を確認します。

画像は左右反対に表示されます。

下の親知らずが真横を向いて、手前の歯にぶつかっているのが分かります。

 

次に顎の中にある神経との位置関係を確認するため、CTの撮影も行います。

CTでは、通常のレントゲン撮影とは違い立体的に歯の位置、顎の形などを確認できるため、精度の高い治療ができるようになります。

 

治療によるメリット、デメリット、リスクなどを説明し、同意を得て抜歯を行いました。

 

歯を3分割し、抜歯しました。

歯の黒い部分が虫歯になっています。

隣の歯と接触していた部分で、汚れがたまりやすい箇所でした。

隣の歯は虫歯になっていませんでしたが、早めに抜歯して良かったと思います。

 

止血を確認、注意事項を説明し治療は終了です。

感染予防のための抗生物質と痛み止めを処方。

後日、抜歯した部分の消毒に来院してもらいましたが、強い痛みもなく、念のため痛み止めを飲んでいるとのことでした。

 

治療期間 1日
治療費  保険診療
治療のリスク 腫れ、痛みがでる可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 親知らず

 

 

 

あなたの前歯はどのタイプ?

鏡の前で「いーっ」ってしてみてください。

 

 

歯をみがく時、なんとなく前歯を見ているとは思いますが、

 

今日は、前歯の重なり具合を確認してみてください。

 

 

じつは、上下の前歯の位置関係によって4つのタイプに分けることができます。

 

 

① 下の前歯が上の前歯に少し隠れている

 

 

② 下の前歯と上の前歯が当たらない

 

 

③ 下の前歯が上の前歯に隠れて見えない

 

 

④ 下の前歯が上の前歯より前に出ている

 

 

さて、あなたはどのタイプでしたか?

 

 

この中で、とくに心配のないタイプは、

①の方、だけなのです。

 

 

残りの②、③、④のタイプの方は、

歯ならびに関して、、、要注意です。

 

 

上下の前歯が、①のような理想的な位置関係にない場合、

本来、前歯が担うべき正常な機能を果たさなくなってしまうのです。

 

そうなると、どういった影響が出てくるのでしょうか。

 

 

じつは、奥歯にわるい影響が出やすいのです。

 

 

上下の前歯がちゃんと当たっていないということは、

結果として、

奥歯の負担が増えてしまうため、

奥歯が欠けたり、

奥歯の詰め物が取れたり、

奥歯がすり減ったり、

奥歯の歯茎が腫れたり、

奥歯が痛くなったり、、、

 

 

そのため、歯ならびをそのまま放置して、

奥歯のわるくなっているとこの治療だけ続けても、

 

しばらくしたら、またべつの奥歯がわるくなって、、、

 

その繰り返しになってしまうパターンが多いのです。

 

 

 

「気づいたら奥歯ばかり治療を受けているなぁ」

 

と思い当たる節のある方は、

一度ちゃんとお口の中全体を見てもらってください。

 

奥歯がわるくなっている原因は、

奥歯の歯みがき不足だけじゃないかもしれません。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:噛み合わせ, 症例集

 

 

 

マイクロスコープを用いた虫歯治療

左上の奥歯の写真です。

虫歯が隠れているのに気づくでしょうか?

 

 

虫歯はここに隠れていました。

 

患者さんは症状もなく、虫歯ができていることに驚いていました。

レントゲンにもなかなか写りづらい場所にあるのと、肉眼では確認できない大きさです。

当院では保険診療、保険外診療問わず、通常診療でマイクロスコープを使用しています。

 

マイクロスコープでは肉眼の約20倍に拡大した状態で確認できるためより精度の高い診療が可能になります。

 

処置後の写真です。

虫歯除去後、樹脂を用いて形を修復していきます。

段差ができないよう慎重に詰めます。

 

マイクロスコープを使用することで、最小限での治療が可能になり、歯への負担も少なく済みます。

症状がなくても虫歯、歯周病が進行していることがあります。

定期的な歯科医院での検診をお勧めします。

 

治療期間 1日
治療費  保険診療
治療のリスク 詰めたものがかけてしまう可能性がある

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 虫歯治療

 

 

 

11月診療のご案内

11月30日は機器のメンテナンス、スタッフ研修のため休診とさせていただきます。

その他の日はお昼休みなしで対応しております。

お口の中でお困りの事がございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

”歯周”病と”糖尿”病

今日は、歯周病についてのお話をします。

歯周病は糖尿病の重大な合併症の一つです。

これは高血糖によって感染を防御する力などが低下し、歯周病原因菌の増殖を制御できなくなるためです。

血糖コントロールがうまくできないことが歯周病を悪化、重症化しやすくするのです。

実際、糖尿病の人は歯周病に2倍以上かかりやすくなることがわかっています。

逆に、歯周病が重症であるほど血糖コントロールの状態も悪くなります。

歯周病の治療で歯周組織の慢性炎症が改善するとインスリンの働きが良くなり、HbA1cが0.4~0.7%低下すると報告されています。

それでは最後に、

当院での歯周病の治療前後の一例をお見せします。

定期的に歯科検診を受けることは、糖尿病や糖尿病予備軍の人にとって、とても大切なことなのです。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:歯周病, 症例集

 

 

 

新館が11/10にOPENします!

新館が同フレスポ内に新規OPENします


これからも桶川の皆様に愛される地域密着型の歯科医院を目指し励んでまいりますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

ホワイトニング

定期検診で通院していただいている患者様です。

前歯の色の濃い部分が気になっているとのことで、ホワイトニングをすすめていくことにりました。

ホワイトニング前の写真です。

左側の前歯が他の歯の色に比べ、少し濃いのがわかると思います。

 

歯の色が濃くなる原因としては

1、色の濃い物を摂取することによる着色、変色

2、ぶつけたりなどの外傷による強い刺激で歯の中の色が変わってしまう

3、経年的な変化

 

1本だけの色の変化だと外傷などによる可能性も考えられます。

その場合、通常のホワイトニングだけでは改善せず、神経の治療を行い、内部からきれいにしないと色が変化しない場合もあります。

その旨を説明し、相談のうえホームホワイトニングを行うことになりました。

歯の型を取り、オーダーメイドのホワイトニング用のマウスピースを作製します。

 

トレーと薬剤をお渡しし、使用方法を説明します。

使用してもらった状態で、定期的に色の変化を確認します。

 

ホワイトニング後の写真です。

前歯の色調が合ってきているのがわかります。

しみる症状もなく、色の変化には満足していただけました。

 

処置前後の比較です。

前歯以外も全体的に白くなり、より明るい口元になっていると思います。

 

治療期間 2ヶ月
治療費  ¥30,000~
治療のリスク 色が後戻りしてしまう可能性がある

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

 

 

 

根管治療

 

『昔に根の治療を受けて神経とってるのに痛い』

下の前歯の腫れと痛みで来院されました。

レントゲン撮影と口腔内の診査で下の前歯の根の先で、菌による炎症が起きていることがわかりました。

根の治療のやり直しが必要な旨を説明し治療に移行します。

初回の治療時のレントゲン写真です。

 

 

赤丸の部分が根の中の菌が骨を溶かし、骨に穴をあけてしまっている部分です。

炎症がおきている所です。

こうなってしまう原因は

1、被せ物の適合が悪く、隙間から菌が侵入してしまっている

2、以前の根管治療が不十分で、根の中に菌が多く残った状態のまま治療を終了してしまっている

などが考えられます。

それらを防ぐには、

⚪︎適合精度の良い被せ物を装着する

⚪︎質が高く再発のない根管治療を受ける

ことが重要になります。

治療方法は一度詰めてある材料を全て取り除き、再度きれいにし詰めなおす必要があります。

その際に重要になる点、根管治療については、こちらを参考にしてください。

https://www.as-dc.com/treatment/endo.html

 

今回根の下の前歯4本に炎症が置きており、すべて治療のやり直しが必要ですが、仮歯を支えるため、治療回数を減らすため、3本同時に治療していきました。

ラバーダム、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)などを使用します。

 

 

治療開始後3ヶ月のレントゲン写真です。

治療している左側から3本の根の先には骨ができ、病巣が小さくなっているのが確認できます。

痛みや違和感もなく生活できているとのことです。

 

 

治癒が確認できたので、ここから根の内部に最終的な詰め物をし、隣の根管治療に移行していきます。

他の医院では抜歯といわれてしまったケースでも治せる場合があります。

お気軽にご相談ください。

 

治療期間 3ヶ月
治療費  保険診療
治療のリスク 再発する可能性がある

 

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:根管治療, 症例集

 

 

 

乳歯ってどこから虫歯になるの?

当院には小さなお子さんがたくさんいらっしゃいます。

・検診として

・歯ならびが気になる

などの理由で受診される方も多いですが、

中には、

・歯が痛い

・歯に穴が空いてしまった

というお悩みの場合もあります。

残念ながら虫歯ができてしまって歯医者を初めて受診するというお子さんもいるのですが、

そんな時、どこに虫歯ができているのでしょうか。

 

じつは、虫歯ができる部位は ”年齢によってちがう” のです。

 

年齢別の虫歯のできやすいポイントを見てみましょう。

 

0〜2歳・・・上の前歯

奥歯が生えてくるまでは前歯で噛むしかないので、どうしても前歯に磨き残しがつきやすくなってしまいます。

毎日の歯みがき習慣をつけることも重要な時期です。

歯ブラシを当てるときに、前歯の間の上唇小帯と呼ばれるスジに当たると痛いので、そこを指でおさえて当たらないようにしながら磨いてあげるのがポイントです。

 

2〜3歳・・・前歯の間

哺乳ビンやストローによる甘味飲料(ジュース)の摂取は、前歯の間に糖がたまるので、そこに虫歯菌がいると、糖から酸をつくります。

それによって、歯と歯の間が溶けていってしまうのです。

糖質を含んだ飲料を飲みながら寝るのはNGです。

日中も、ジュースを飲んだ後は、できるだけ速やかに歯みがきするようにしましょう。

また、歯ブラシによる歯みがきだけでは60%程度しか汚れを落とすことができません。

歯と歯の間は、デンタルフロスを使って効果的にクリーニングしましょう。

 

3〜4歳・・・奥歯の溝

奥歯が生えそろってくると、いろいろな食べものを食べることができるようになってきますね。

ただ、奥歯は前歯よりも複雑なカタチをしていて、そのことで硬いものを噛んだり、すりつぶしたりできるようになるワケですが、中には、奥歯の溝にべったりとくっついてしまう食べものもたくさんあります。

すると、いつまでも歯の表面に残った糖に虫歯菌がやってきて、酸をつくり、歯が溶けていってしまいます。

奥歯は前歯よりも見えづらいので、毎日おうちで歯みがきをしていても、見落としてしまっているケースが少なくありません。

 

4歳〜 ・・・奥歯の間

ここまで紹介してきた虫歯のできやすいポイントですが、断トツで虫歯ができやすいのがココです。

奥歯と奥歯の間は、磨き残しが一番たまってしまいやすいポイントと言うことです。

歯と歯の間の歯みがきなので、前歯のときにもお話ししたデンタルフロスを使うのが効果的なのですが、奥歯はそれもまた使いづらくて大変なのです。

そんなときにオススメなのが、

このような持ち手のついたデンタルフロスです。

これなら奥歯のほうにも届きやすいですし、子どもの好きなフレーバーのついたタイプもあるので、お子さんもやる気になってくれやすいです。

また、乳歯の場合、大人のように歯ぐきが下がっているようなケースはほぼないので、いわゆる歯間ブラシと呼ばれるような器具を使うことはありません。

 

今日は、年齢別による虫歯のできやすいポイントについてお話ししてきました。

歯が生えそろってくることで、食習慣が変わってきたり、歯みがきしにくい部分が変わってくるので、年齢によって虫歯になりやすいところが違う、ということでした。

「乳歯はいつか抜けて大人の歯に生えかわるから」

と、どこか甘く見ていると大変なことになるので、

最後に、乳歯の虫歯をつくってしまうことの問題点をまとめておきます。

 

痛い(集中力の低下やイライラにもつながります)

永久歯の虫歯の原因になる(乳歯の虫歯の中には虫歯菌がたくさん潜んでいます)

食欲がなくなる(食べものの好き嫌いの原因になったり、栄養状態に影響が出ることも)

歯ならびがわるくなる(大きな穴が空いたり、早期に抜けたりすると、かみ合わせもずれてゆきます)

永久歯の色がおかしくなる(乳歯の虫歯菌が永久歯のほうへ進行すると、形成不全を起こします)

発音障害や口腔習癖につながる(前歯の大きな虫歯は、口唇や舌の正常な発育の妨げになることも)

心理的にもマイナスに(審美障害によるストレスは大人だけではありません)

以上に挙げてみましたが、お子さんにとってどれも辛いことばかりです。

まずは虫歯をつくらないように、定期的な検診と歯みがき指導を受けていただくことをオススメします。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:小児歯科, 症例集

 

 

 

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ