048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

ブログ

「くさび状欠損」って?

「冷たいものを飲むとすごくしみるんです」

こう聞くと虫歯があるんじゃないかなと思いますよね。

 

「でも鏡で見ても黒くなっている感じはしなくて」

虫歯じゃないのにしみることはあるのでしょうか。

 

あるんです。

 

それは、知覚過敏です。

 

知覚過敏の多くは、歯ぐきが痩せて下がった時、つまり歯根が歯ぐきから露出した時に起こります。

本来、エナメル質(歯の表面を覆う硬い組織が歯の内部に刺激が伝わらないように守ってくれているのですが、そのエナメル質は歯根にはありません。

なので、露出した歯根に冷たい飲み物などの刺激が加わると、キーンとしたしみる感じが伝わるのです。

 

また、歯根は過度なブラッシング圧により摩耗しやすく、くさび状にえぐられたような欠損が生じやすいのです。

その欠損のことを、形になぞらえて「くさび状欠損」と呼びます。

 

この写真の中では、

 

この部分です。

 

あまり聞き慣れないと思いますが、決して珍しいものではなく、

誰にでも起こり得るので覚えておいてください。

 

このような欠損が生じていて、かつ知覚過敏の症状がひどい場合は、

痛みの症状を抑えるために、コンポジットレジンを用いて欠損を補う治療を行います。

 

こちらが治療後の写真です。

 

こうした治療を行うことで知覚過敏のしみる症状を改善することはできるのですが、

この部分に欠損ができてしまった根本の原因を取り除かなければ、また再発してしまいます。

 

では何故、虫歯ではないのに歯ぐきが下がって、欠損ができてしまうのか。

 

主な原因は、先ほど述べたように、

過度なブラッシング圧(強い歯みがき)によるものです。

エナメル質はとても硬い組織なのですが、毎日過剰なブラッシング圧がかかり続けると、少しずつ摩耗していきます。

歯周病で歯ぐきが下がって歯根が露出している方はより進行が早くなります。

 

さらに、咬合力もその欠損の原因の一つとされています。

歯ぎしり食いしばりなどの強い咬合力によって、歯と歯ぐきの境目のところに応力が集中し、歯の表面が少しずつ破壊されていくのです。

 

いずれも、適切な歯みがき指導や治療により予防できるものです。

 

・虫歯じゃないのに歯がしみる

・歯ぐきが下がってきた

・歯の根元にえぐれたような形がある

 

このようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 虫歯治療

 

 

 

鼻症状を伴う歯への根管治療

鼻の症状で耳鼻科に長期に通院し、鼻の手術も受けたが治らず歯科の受診をすすめられ

当院に来院された患者様です。

 

レントゲン、CTを撮影し口腔内に問題がないか調べます。

撮影したCT画像です。

もともと正常な副鼻腔は空洞になっているため、画像では黒く写ります。

しかし、上記画像で右側の副鼻腔(患者様にとっては左側副鼻腔)が白くなっているのがわかります。

その直下の歯が昔の治療後、神経がダメになってしまい、その菌が鼻の方に進んだ結果起こったものと考えられました。

歯性上顎洞炎(副鼻腔炎、蓄膿症)と診断し、その歯の根管治療が必要な旨説明し、同意を得ました。

 

ラバーダム、マイクロスコープを使用し根管治療を行っています。

 

 

治療前と半年後でのCT画像を比較します。

 

副鼻腔と口腔内を隔てる骨も回復し、鼻の症状もなくなりました。

骨ができるまでの経過観察の期間は長くかかりますが、適切な器具、手順を踏んで治療することで治る確率は上がります。

根管治療はとても難易度の高い治療です。

当院では特別なケースを除き全ての患者様でラバーダム、マイクロスコープを使用し、根管治療の成功率を上げるよう努力しています。

お気軽にご相談ください。

 

治療期間 6ヶ月
治療費  保険診療
治療のリスク 再発する可能性がある

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:根管治療, 症例集

 

 

 

遊具メーカー(株)岡部のHPに当院のインタビュー記事が掲載されました

当院の新館のキッズスペースを設計いただいた株式会社岡部様のホームページに特別対談インタビューが掲載されました!

怖いというイメージがつきやすい歯科医院を「患者さんにとって楽しい場所にしたい」という想いから始まった大型遊具の設計。

そのメイキングストーリーをぜひご一読ください。

スペシャルインタビュー 「埼玉県桶川市 アズ歯科」×「株式会社 岡部」①

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:イベント

 

 

 

インビザライン治療計画

マウスピース矯正のインビザラインを行う場合、

事前に集めた資料を元に、治療計画を立案します。

そのデータを用いてどこをどう治したいか、患者様と相談していきます。

 

それにより、インビザラインの治療計画ができあがります。

治療前後のシュミレーション画像です。

 

↓シュミレーション動画

⚪︎インビザライン治療計画

治療手順、治療期間、使用するマウスピースの枚数などがきまり患者様に説明、了承後、処置に移行していきます。

歯の動きは個人個人違ってくるため、シュミレーションとずれてくる場合があります。

その際は途中の資料を取り直し、修正を加えながら治療を進めていきます。

当院は複数の矯正専門医が在籍しており、口腔外科専門医とも組んで複雑な矯正治療にも対応しております。

お気軽にご相談ください。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 矯正治療

 

 

 

ちゃんと治療すれば変わります

虫歯や歯周病で歯を失ってしまうと、

食事を取りづらくなり、見た目にも歯がなくて老けたように見えてしまいます。

 

歯の本数が減ってしまっても、しっかり治療をすることで、

また以前の状態に近づけることができる可能性があります。

 

今日はそんな一例をお見せします。

 

入れ歯が合わなくて作り直したいという希望の方でした。

 

 

上の歯はすべてありません。

下の歯は何本か抜けてしまっていて、

残りの歯と歯の間には隙間があります。

 

下の歯は隙間を埋めるように入れ歯を作ることを希望されていましたが、

隙間が多いと入れ歯と自分の歯の間に食べ物が詰まってしまいやすいのと、

それぞれの歯が歯周病でグラグラしている状態は改善しません。

 

そこで、まずは残っている歯同士を被せ物で繋げます。

その後で、後ろの部分に入れ歯を作るのです。

 

するとこんな感じで入れ歯が入ります。

上の歯は総入れ歯です。

 

 

ここまでしっかり治療を行えば、

笑った時の印象も変わります。

 

ちゃんと歯が揃って、健康的な感じですね。

 

治療の前後を比較してみましょう。

 

治療前

 

治療後

 

今はしっかりした入れ歯が入ったことで、

以前よりも食事が取りやすくなったとのことでした。

 

 

歯が抜けて食事を取りづらくなったという方、

ご家族にそのようなお悩みをお持ちの方がいたら、

ぜひ一度ご相談ください。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:入れ歯(義歯), 症例集

 

 

 

9月の診療について

9月28日(火)はスタッフ研修のため14時から診療となります。

その他は、休診日、お昼休みなしで毎日診療を実施しております。

 

矯正日が9月5日(日)、9月18日(日)、9月25日(日)

外科日が9月23日(木・祝)

お口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

デュアルホワイトニング

最近歯のクリーニングだけではなく、歯の色自体を白くしたいと希望される患者様が増えています。

女性だけではなく、ホワイトニング希望の男性の患者様も多くいらっしゃいます。

感染予防のためにマスクをしている時間が長くなっていますが、

口の中の環境をきれいに保つことはとても大切なことだと思います。

 

今回ははっきりと白くするのを希望された患者様のため、ホームとオフィスを併用した

デュアルホワイトニングで対応することになりました。

 

治療前後の写真です。

治療期間は約3週間。

健康的できれいな色になり大変満足していただけました。

期間中はしみることもほとんどなかったそうです。

この色をキープするために定期的なホームまたはオフィスホワイトニングを行うことをおすすめしています。

 

治療期間 3週間
治療費  ¥60,000   +   tax
治療のリスク 色が後戻りしてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

 

 

 

お子さんの歯ぐきが腫れてたら

「うちで子どもの歯みがきをしていたら歯ぐきが腫れていて」

という相談を受けることがあります。

 

歯の根元のところの歯ぐきがプクッと腫れていますね。

こんな状態になっていると、自然に治ることはありません。

 

これは、虫歯が原因で、虫歯菌が歯の神経のところに感染し、

歯の奥のほう、歯ぐきや骨のあたりまで炎症をおこしてしまっているのです。

 

この写真の歯は乳歯なので、この腫れてるあたりには、

これから生えてこようとしている大人の歯も埋まっているので注意です。

 

炎症を放置していると、大人の歯にまで影響することもあるのです。

 

このような場合の治療は、まず原因となっている虫歯を削ります。

 

すると、このように、歯の内部、神経のあたりが見えてくるのですが、

炎症をおこしているので、中から血液や膿が出てきます。

 

これらをきれいに洗浄し、歯の内部をきれいに保つことで、

中の炎症が少しずつ落ちついてきます。

 

治療後、このように腫れが落ちついたら、

通常の虫歯治療と同じように、白い詰め物をします。

 

ここまでくれば安心です。

あとは、大人の歯への生え代わりを待ちましょう。

 

もし、グラグラする感じが強かったり、大人の歯への生え代わり間近であれば、

このような治療はせず、抜歯をする場合もあります。

 

まずは、気になる感じを見つけたら早めに教えてください。

一緒にお子さんのお口の健康づくりを頑張りましょう。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:小児歯科, 症例集

 

 

 

歯の移植

健康な親知らずが残っていればうまく活かせる場合があります。

どこか周りの歯がダメになって抜歯をしないといけなくなってしまった際、その親知らずを移植し、新たな歯として機能させることができます。

ケースによっては難しい場合と保険適用外の場合もありますが。

 

今回は左下の親知らずが横をむいて生えており、そのせいで手前の歯がダメになってしまったケースです。

処置前の写真とレントゲンです。

CTを用いて親知らずの深さや顎の中の神経との位置関係を調べます。

 

親知らずに大きな虫歯はなく、手前の歯とのサイズも近いことから患者様と相談の上移植をして保存を試みることになりました。

 

ここから血などが苦手な方は見ない方がいいかもしれません。

親知らずを抜歯します。

 

手前の抜歯した部分に親知らずを移植し、位置を決め固定します。

 

この状態で骨や歯茎とくっつくのを待ちます。

処置後1ヶ月の状態です。

歯の揺れもなくうまく移植できています。

一度抜歯してからの移植であるため、ここから歯の中の神経をとる治療をおこない被せ物で噛み合わせを構築していきます。

 

歯の状態によって適していない場合や、部位によっては保険が適用できない場合もあります。

様々なケースに対応しております。

お気軽にご相談ください。

治療期間 2ヶ月
治療費  保険診療     約¥10,000
治療のリスク 移植したものが生着しない可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 親知らず

 

 

 

アズ歯科宝探し

期間 6月4日~6月13日

場所 アズ歯科 新館 キッズスペース

 

6月の虫歯予防デーに合わせて、新館のキッズスペースの
アスレチックを使ってクイズイベントを実施しました。

歯に関連するクイズに答えて、景品をプレゼント♪

たくさんのお子さんに参加いただきました。

当院はこういったイベントを通して、こどもたちにとって
歯科医院が怖い場所でなくなれば良いなと願っています。

またこのようなイベントを定期的に実施予定ですので、
楽しみにしていただけたらと思います。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:イベント

 

 

 

マウスピース矯正 インビザラインGO

マウスピース矯正のインビザラインGOで矯正治療を行った患者様です。

以前から歯並びは気になっていたが、ワイヤー矯正に抵抗を感じていたとの事です。

また、全体の矯正治療だと金額が高くなってしまうため、治療をためらっていたそうです。

当院でマウスピース矯正を行った患者様から話を聞き、一度相談で来院されました。

奥歯の噛み合わせに問題はなく、前歯の矯正のみで改善可能なこと、期間、金額を説明し同意いただきました。

 

治療前後の写真です。

治療期間は5ヶ月、その後歯の後戻りを防ぐマウスピースを使用してもらい経過観察となりました。

ワイヤー矯正に比べ、ケースは限られますが、治療中のストレスが少なく済む場合が多くあります。

お気軽にご相談ください。

治療期間 5ヶ月
治療費  ¥400,000   +   tax
治療のリスク 後戻りしてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 矯正治療

 

 

 

オフィスホワイトニング

ホワイトニングを希望されている場合、

患者様の生活スタイルやどれくらい白くしたいか、いつまでに白くしたいか、

など希望に合わせておすすめするホワイトニングの方法が変わってきます。

 

今回は今よりも少しし白くしたい、あまり期間はかけたくない

といった希望の患者様です。

ホワイトニング前の写真です。

 

色をコントロールしながら白くする場合、ホームホワイトニングの方が白くなるスピードがゆるやかなため、あまり白くなりすぎず好きなタイミングで止められます。

しかし、相談の結果、自宅で自分でやるのが手間との事で、オフィスホワイトニングで行う事になりました。

 

オフィスホワイトニング専用の薬液と機器を使用します。

ホワイトニング後の写真です。

 

比較します。

 

1度のホワイトニングで自然な白さになり、大変満足していただけました。

患者様の希望に合わせたプランを作製していきます。

お気軽にご相談ください。

治療期間 1日
治療費  ¥15,000   +   tax
治療のリスク 色が後戻りしてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

 

 

 

8月の診療について

8月8日(日)はスタッフ研修のため臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

その他は休診日、お昼休みなしで診療しております。

また、

矯正日が8月14日(土)、8月28日(土)

外科日が8月9日(月)、29日(日)となります。

お口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

どんな虫歯が危険?

虫歯治療といっても、その大きさや部位により歯を削る範囲は異なります。

 

二つの写真を見比べてみてください。

 

 

どちらの写真が虫歯が進んでいると思いますか?

 

上の写真の方がはっきり黒く見えることから、虫歯が進んでいるように見えませんか?

 

 

実はこの二つのケースでは、下の写真の方が虫歯が進行しています。

 

実際の治療の様子を見てみましょう。

 

 

表面からはっきり黒く見えないのですが、

歯と歯の間から進行しているので、

中では大きく穴が空いてしまっているのです。

 

ちなみに上の写真のケースでは、

溝の部分の虫歯を削って埋めます。

 

鏡で見てみて、なんとなく色が悪くなっているようなところがあったら教えてください。

 

痛いなどの症状が出てくる前に早期発見、早期治療することが大切です。

 

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:小児歯科, 症例集

 

 

 

7月27日(火)の診療について

本日7月27日(火)はスタッフ研修のため診療が14時から開始いたします。

ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

アズ歯科職業体験イベント

当院の新館にて、子どもたち向けに歯科医院でのお仕事体験イベントを開催しました!

午前午後で総勢15組23名のお子さんに参加いただきました!

参加いただいた皆様ありがとうございました♪

当院衛生士による『歯の生え変わりのおはなし』
理学療法士/歯科食育士による『食育のおはなし』

模型の歯を使ってCRで固める体験
スケーラーを使ってうずらの卵を削る体験
ミニマスコットの石膏模型づくり体験

みんな真剣な眼差しで取り組んでいたのが印象的でした!!

なかなか自分たちの口の中でされていることを見る機会がないのでと親御さんたちも感動して
くれていました。

みんなの夏休みの良い思い出になってくれたら良いなと思います。

当院ではこういったイベントを通して、1人でも多くの子どもたちが自分の歯のことに興味を持ち、
自分の歯を大事にしようと思ってもらえたらいいなと願っています。

また機会がありましたら、ぜひご参加
ください!!

 
 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:イベント

 

 

 

インビザラインGO

現在、矯正治療には様々な方法があります。

表側のワイヤー矯正、裏側のワイヤー矯正、マウスピース矯正など。

当院では全ての種類の矯正治療に対応が可能です。

その中のマウスピース矯正で現在多くの患者様が希望されているのが、インビザラインです。

インビザラインはアメリカのアラインテクノロジー社により開発され、全世界で400万人以上が使用しているマウスピース矯正です。

 

 

マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べ審美的に優れ、周囲の人に気づかれずに治療をうけることができます。

また、取り外しが可能なため、食事、歯磨きなどへの影響もありません。

今回当院で勧めているのが、インビザラインを使用した部分矯正、インビザラインGOです。

前歯のずれを治すのに特化したシステムで、噛み合わせに大きく影響する奥歯を動かさないため、治療期間が短く、噛み合わせの変化によるトラブルも少ない治療方法です。

ほとんどのケースで半年以内に治療が終わります。(歯の動き方は個人差があります)

矯正したいけどワイヤーは見た目が嫌だ、前歯だけ治したい、あまり金額をかけたくない、など

そういった希望をお持ちの患者様に適切な治療方法になると思います。

 

以下治療例をあげます。

30代男性

治療期間:5ヶ月

 

奥歯の噛み合わせは変えず、前歯のずれのみをインビザラインGOで矯正しました。

治療期間中も、治療後も特にトラブルなく進み、とても満足してもらえました。

少しの歯並びの改善で大きく印象が変わります。

歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。

治療期間 5ヶ月
治療費  ¥400,000   +   tax
治療のリスク 後戻りしてしまう可能性がある

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 矯正治療

 

 

 

脳卒中にも影響する歯周病?

今日は歯周病についてのお話です。

 

歯周病は血液疾患、呼吸器疾患のほか全身にさまざまな影響を及ぼすことがわかっていますが、脳卒中との関連も注目されています。

問題になるのは歯周病原因菌です。

歯周病や虫歯を放置することで、歯肉などの傷から菌が血管内に入り、

心臓の弁に菌が付着すると感染性心内膜炎という病気になるだけでなく、

その菌が血液を介して脳に流入して、細菌性の脳動脈瘤をつくることがあります。

厄介なことにこの細菌性脳動脈瘤は、脳内の細い血管にできやすく、脆く破裂(くも膜下出血)しやすいのです。

 

歯周病は首の動脈(頸動脈)の動脈硬化を引き起こす可能性も指摘されています。

さらに脳卒中を発症後は、麻痺や筋力の低下で歯磨きが難しくなることも多くなります。

歯科通院による歯周病対策は、脳卒中の予防・再発を防止するうえで重要な意味をもつのです。

 

当院における歯周病治療の一例をお見せします。

治療前

治療後

 

定期的な歯周病検査、治療を行い、

歯周病の進行予防、そして脳卒中の予防に努めましょう。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:歯周病, 症例集

 

 

 

歯の隙間が気になったら

歯と歯の間に食べ物が “はさまって” しまうところってありますか?

その度に楊枝でとってるなんて話も耳にすることがあります。

もしかしたらそこ、簡単に治せるかもしれません。

 

ある患者さんの写真です。

前歯の隙間に食べ物が “はさまる” というお悩みがありました。

よく見ると、歯と歯の間が磨きにくいのか、プラークが溜まっているのがわかります。

とってみましょう。

 

そうすると、以前虫歯の治療をした跡が見えました。

もともと歯と歯の間に虫歯があったようですね。

一度治療をされているようですが、

時間が経って材質が劣化してしまい、黄色く変色しています。

このような状態が続くと、その部分からまた虫歯ができてしまいます。

治療を始めましょう。

 

詰め物をとって、内部をキレイにしていきます。

ここに新しい詰め物をするだけだと、食べ物が “はさまる” のは改善しません。

今回は、歯と歯の間に隙間ができないように、

材料を盛り足して、歯の形を変えます。

 

治療後の写真です。

隙間がなくなり、隣の歯とピッタリくっついているのがわかります。

この状態なら食べ物がはさまりづらくなり、磨きやすくなるので安心です。

 

自分の歯を大きく削ることもなく出来る治療法なので、

気になる方はぜひご相談ください。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:虫歯治療

 

 

 

目立たない入れ歯

 

歯がなくなってしまった場合の治療方法として

①ブリッジ

②入れ歯

③インプラント

があります。

周りの歯の状態、歯がなくなった部分の骨の状態、お身体の状態、また保険適用内外の選択によって治療方法が限られてくる場合があります。

患者様の年齢によってはあまり大掛かりな治療は希望されない場合もあります。

 

下の奥歯がない患者様が治療相談で来院されました。

お話を聞くと体への負担の少ない治療を希望されていました。

以前は入れ歯を使っていたが、違和感があるのと入れ歯の金具が目立つのが気になり使わなくなってしまったとの事でした。

口の中の状況と負担の少ない治療を希望されていることから、治療方法として入れ歯をすすめさせていただきました。

しかし、保険の入れ歯で作り直す場合、設計上金属の金具は必要になり、以前使用していたものと同じような入れ歯になってしまいます。

そのため相談の結果、金具を使わない、目立ちづらい保険外の入れ歯ですすめることになりました。

 

変形の少ないシリコンを用いて型取りを行います。

模型上で丁寧に作製していきます。

 

作製したものを調整しお口の中で合わせていきます。

装着後の写真です。

 

金具がなく目立ちづらいのと、歯茎との隙間も少なく噛みやすいとのことで喜んでいただけました。

治療方法として入れ歯を選択された場合でも、審美的に考慮した作製をすることが可能です。

様々なケースに対応しております。

お気軽にご相談ください。

治療期間 2ヶ月
治療費  ¥150,000   +   tax
治療のリスク 入れ歯が欠けてしまう可能性がある

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:入れ歯(義歯), 症例集

 

 

 

歯科医師就職フェア

2021年5月30日(日)に歯科医師の採用活動のため、麻布デンタルキャリア主催の歯科医師就職フェアに
参加しました。

歯科医師を採用することは、より多くの患者様を受け入れることができる体制を作るための取り組みです。

現在、予約が取りにくくなっている状況で、ご迷惑をおかけしておりますが、引き続き診療体制をより
良い形とすべく活動を実施していきます!

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:イベント

 

 

 

開業セミナー

2021年4月18日(日)に医療機器メーカーのモリタ社よりご用命を受け、これから開業を検討している歯科医師向けに「アズ歯科のこれまで」についての開業セミナーを実施しました。

セミナーで話しながら、開業前の想い、開業までに準備してきたことを改めて振り返り、初心を忘れてはいけないなと改めて実感しました。

患者様はもちろんのこと、スタッフ、業者さんなど様々な人に支えられてアズ歯科は成り立っています。本当に感謝です。

開業して二年と少し、アズ歯科はこれからも初心を忘れず、進化していきます!!

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:イベント

 

 

 

ミナツド会

2021年6月19日(土)に当院が加入している桶川市坂田地区のコミュニティ「ミナツド会」と共催にて、
地域の方々向けに農業体験会&食育セミナーを実施しました。

あいにくの雨で農業体験会は中止となってしまいましたが、当院の歯科衛生士と管理栄養士による
食育セミナー&芋判子づくり体験でおかげさまで満員御礼でイベントを終了することができました。

お越しいただいた方々本当にありがとうございました😊

こういったイベントを通して、地域の方々、また子どもたち自身に歯の大切さを知ってもらい、

歯医者ってなんだか怖いというイメージを無くして、歯医者に来るのが少しでも楽しみになってくれる
ことが僕らの願いです!!

少しでも地域の方々がつながり、楽しみながら生活、交流できる場を提供できるよう、引き続き
ミナツド運営協議会のメンバーとして継続して努力していきたいと考えています。

 
 

ミナツド協議会HPにて当院の取り組みが掲載されました。

詳細を見る

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:イベント

 

 

 

アズ歯科イベントのお知らせ

-アズの七夕-

みんなの願いを短冊に!

期間 6月29日〜7月7日

場所 アズ歯科 新館 キッズスペース

 

期間中は歯磨き粉や歯ブラシなどキャンペーン価格にて
お買い求めしやすくなっています。

是非お気軽にお立ち寄りください^ ^

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:イベント

 

 

 

7月の診療のご案内

7月27日(火)はスタッフ研修のため診療が14時から開始いたします。

ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

その他は休診日、お昼休みなしで診療しております。

また、

矯正日が7月4日(日)、7月17日(土)

外科日が7月11日(日)、22日(木)となります。

お口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

ミナツド協議会

当院はミナツド運営協議会に加入しています。

ミナツド運営協議会は「地域」、「公共」、「民間」が一体となり、「学び」、「気づき」、「楽しみ」、「つながる」を地域住民みんなでつくり育むことを主体としています。

ミナツド運営協議会の目的は下記の3点です。

 

①坂田地区の地域活性化によるブランド価値の向上

②地域の人々がつながる活動の支援

③地域や来訪される人々の健康維持・向上の推進

昨今、地域コミュニティが希薄化する要因として、地域においては、地域コミュニティへの人々の関心が低い、現役世代は会社などへの帰属意識が高く地域との関わり合いが薄い、新住民と旧住民との距離が大きいこと等が考えられます。

コミュニティを醸成するためには、「共有できる時間と空間を創ること」が重要であり、場づくりが必要となります。

少子高齢化の進展が見込まれる中、生活利便性の向上、健康長寿、生涯学習と行ったさまざまな交流や活動を通じ、持続可能な地域作りの形成を図ることが今後一層、重要となってきます。

歯科医院の観点から貢献できる部分をスタッフで考え、提案させていただいています。

少しでも地域の方々がつながり、楽しみながら生活、交流できる場を提供できるよう、ミナツド運営協議会のメンバーとして継続して努力していきたいと考えています。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:イベント

 

 

 

鏡を見て黒い点が気になったら

洗面所で歯を磨いて、お口をゆすいだら、

鏡にニィーってして、

歯を見ることはありませんか?

 

磨き残しがないか確認するのは大事なことです。

 

そしたら、

「あれっ、黒い? 虫歯?」

気になるものを見つけてしまうかもしれません。

 

そんな時は、

私たちにご相談ください。

 

この方は、前歯の間に黒い点のような部分を見つけ、

気になるとのことでした。

これは、以前虫歯の治療をした時に詰めた白い詰め物が、

月日が経って劣化してしまっているのです。

そうなると接着も弱くなり、その部分からまた虫歯が広がってしまいます。

 

この場合、劣化した詰め物を削って歯の表面をキレイにしたら、

そこにまた新しい詰め物を詰めるのです。

 

こちらが詰めた後の写真です。

 

自分の歯を大きく削ることもなく、このようにキレイになります。

詰め物がピッタリになると、

歯と歯の間にデンタルフロス(糸)を通す時も

スルッと通るので、歯磨きも楽になりますよ。

 

 

 

お次はこんなところに黒い点があります。

こういう虫歯も多いんです。

歯ぐきが下がって歯の根元が露出してしまっているのですが、

そこは虫歯のリスクが3倍くらい高くなります。

 

この黒くなってしまっているところを削ってキレイにしたら、

 

こんな感じで白い詰め物を詰めます。

表面がツルツルになるので、汚れもたまりにくくなります。

 

 

 

 

よーく見てみると、奥歯の黒い点も見つかります。

奥歯の根元が黒くなり、穴があいています。

虫歯ですね。

同じように虫歯を削って、詰め物を詰めましょう。

 

白くキレイになりましたね。

 

奥歯の根元は自分で見づらいところですが、

歯ぐきをマッサージするような感覚で歯ブラシを当てて磨くと、

汚れを落としやすくなるので試してみてください。

 

 

 

 

このような大きさで見つかった虫歯は、

治療時に痛みがなく、麻酔なしで治療できることもあります。

また、削ってその場で詰めるタイプの治療になるので、

どれも1回で治療が終わります。

 

おうちで黒い点が見つかったら教えてください。

小さいうちに早めに見つけて、早めに治しましょう。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 虫歯治療

 

 

 

前歯の審美治療

 

前歯の見え方を変えるには

①ホワイトニングで色を変える

②矯正で歯の位置を変える

③セラミックなどの被せ物で形と色を変える

などの方法があります。

今回相談で来られた患者様は、歯をきれいに見せることを希望していました。

歯並びは大きく問題はなかったのですが、古い詰め物の影響もあり色が濃く見えている状態です。

 

 

最小限で治療する場合、ホワイトニングと詰めてあるものをやり直す方法があります。

メリットは歯をあまり削らずに治療できます。

デメリットは歯の色自体が後戻りする可能性、詰めたものが変色してしまう可能性があります。

相談の結果、削ってでもしっかりとしたきれいな色と形に変えたいと希望されたため、

セラミックを用いて修復していくことになりました。

 

まず、歯を削り仮歯を装着します。

仮歯は材料の足し引きで様々な形を試すことができます。

患者様が気に入る形になるように修正を繰り返していきます。

 

修正し終わった形を参考に、最終的な被せ物を作製していきます。

 

口の中でかみ合わせ、色、見え方などを確認します。

問題ないことが確認できたため、完成とし、装着します。

装着後の写真です。

 

 

自然な色、形になりとても喜んでいただけました。

削ってしまうことは歯にとってダメージにはなりますが、しっかりとした治療を行うことで、確実な結果を生むのと長い期間維持できる被せ物を作ることができます。

当院では様々な審美治療を行っております。

お気軽にご相談ください。

治療期間 4ヶ月
治療費  ¥600,000   +   tax
治療のリスク 被せ物が取れてしまう可能性がある

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:審美治療, 症例集

 

 

 

仕上げ磨きの重要性

子供の歯から大人の歯への生え変わりの時期は歯並びが安定していないため、とても汚れが溜まりやすい状態です。

また、子供自身の歯磨きも安定していないため磨き残しのある場合が多いです。

乳歯は大人の歯よりも弱いため、虫歯の大きさもどんどん進行します。

大人の歯も生えた当初は硬さが不十分のため、虫歯ができやすい状態です。

そういったことから、保護者の方の仕上げ磨きがとても重要になってきます。

 

今回は仕上げ磨きをしている時期としなくなってからの口の中の変化を説明します。

小学校低学年の患者様です。

本人の歯磨きの後、保護者の方が毎日仕上げ磨きをしている状態です。

当院では希望しない方を除いて全てのお子さんで、磨き残しを見るために染め出しをして記録をとっています。

染め出し後の写真です。

歯の表面にお茶などの着色はみられますが、色はほとんど染まらず、とても良い歯ブラシの状態です。

毎回検診でチェックするとほとんど汚れが残っておらず安心して経過をみることができていました。

 

その後、小学校高学年になり、仕上げ磨きをやらなくなったとのことです。

染め出して確認します。

 

色の付いている部分が磨き残しです。

前歯の磨きやすい部分にも汚れが残っており、歯磨きが不十分なことがわかります。

歯磨き指導は検診の都度行っていたため、歯ブラシの当て方は理解しており問題はなかったのですが、自分だけでの歯磨きになるとやはり手を抜いてしまっていたようです。

 

前後での比較です。

 

おやつや飲み物など保護者の管理しきれない部分もでてくるため、虫歯のリスクはどんどん上がっていきます。

毎日は難しくても、お子さんがやらせてくれる範囲で仕上げ磨きは続けていった方が安心かと思います。

また、定期的な歯科医院での染め出しによる磨き残しのチェックをおすすめします。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:小児歯科, 症例集

 

 

 

歯の形を変える方法

歯の形が気になるため、形を変えたいという主訴の方は多くいらっしゃいます。

一般的には歯の形を変えるには削って被せ物をしたり、プラスチックの材料を貼り付けて形を修正したりします。

しかし、人工物で修正した場合はその材料の劣化などで再度やり直しになってしまう可能性があります。

また、自分の歯を削ってしまうデメリットもあります。

 

患者様の状態によっては歯茎の形を修正することで、歯の見え方を変えることができます。

 

今回、歯の長さが短いことを気にされている患者様がいらっしゃいました。

処置前の写真です。

 

前歯は全て自分の天然の歯であり、今まで治療も受けていない状態です。

この状態から削ってかぶせることで歯の長さを変えることはできますが、歯へのダメージ、金額などを考慮し、歯茎の形を修正する方法を提案しました。

歯茎の厚み、歯茎の下に存在する骨の状態などを調べ、処置に移行します。

電気メスを使用し、歯茎の形を修正します。

傷の治りを見ながら2回に分けて行いました。

 

処置後の写真です。

歯茎の形を自然に揃うよう調整しました。

歯の長さも長くなり、見え方も変わり喜んでいただけました。

処置後の痛みもほとんどなく2回の通院で終了することができました。

 

処置前後で比較します。

 

歯を削らずに形を変える事ができる場合もあります。

一度削ってしまうと戻す事はできません。

歯の形、色など気になる点があればお気軽にご相談ください。

治療期間 1ヶ月
治療費  ¥30,000   +   tax
治療のリスク 歯茎の形が変化してくる場合がある

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:審美治療, 症例集

 

 

 

インプラント治療の流れ

インプラントってどういう治療なの?という質問をよく聞くので、

治療の一連の流れについて簡単にお話しします。

 

まず、歯がなくなってしまったところの骨に穴を開け、

インプラント(チタンという金属の根っこ)を入れます。

 

これが骨とくっつくまで数ヶ月待ちます。

 

実際だとこんな感じです。

 

その後、埋まってるインプラントを見えるようにするため、

大きめのキャップをつけて歯ぐきに馴染むまで待ちます。

 

実際にはこんな感じです。

 

これを外してみると、

こんな感じでぽっかり穴が開いていて、インプラントが見えるようになります。

 

その位置の型をとり、その歯に合わせた土台を作ってきます。

こんな感じです。

 

ここまできたら、あとは自分の歯に被せ物をつける時と同じ流れです。

 

この型をとって、

写真を撮って色を他の歯と合わせるようにして、

 

被せ物を作り、土台の上から被せるのです。

 

実際にはこんな感じです。

完成した被せ物をつけたところです。

 

わかりましたか?

ざっくりではありますが、こんな感じです。

 

歯を抜いたところにもう一度人工的な歯を作る、

というとてもシンプルな治療方法なんです。

治療期間 約5ヶ月
治療費  ¥400,000   +   tax
治療のリスク 被せ物がかけてしまう可能性がある

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:インプラント, 症例集

 

 

 

6月の診療のご案内

6月10日(木)はスタッフ研修のため休診いたします。

ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

その他は休診日、お昼休みなしで診療しております。

口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

乳歯の隠れた虫歯

症状がなくても虫歯が隠れていることがあります。

検診で来院された小学生の患者様です。

歯科用ルーペ、マイクロスコープにて慎重に確認します。

 

右上奥歯の乳歯の間に隠れた虫歯を発見しました。

上の写真で歯と歯の間が少し黒く見えるのが分かるでしょうか?

 

説明し同意の上、処置に移行します。

表層を削っていくと

虫歯が出てきました。

歯と歯の間から内部に進んでしまっている虫歯です。

 

虫歯に反応する染色液を用いて範囲を調べながら処置していきます。

 

虫歯を全て除去した状態です。

予想より大きく進行していました。

 

医療用の樹脂を用いて修復していきます。

できるだけ元の形に近く、フロスなどのひっかかりもできないよう詰めます。

 

このように症状がない歯でも虫歯が進行している場合があります。

乳歯は永久歯に比べ虫歯が早く進行してしまいます。

口の中は暗いため、自宅での仕上げ磨きだけではなかなか発見できません。

定期的な歯科医院での検診をおすすめします。

治療期間 1日
治療費  保険診療(約¥1,000)
治療のリスク 詰めたものが取れてしまう可能性がある。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:小児歯科, 症例集

 

 

 

できるだけ抜かない治療(セラミック)

前歯が折れたことを主訴に来院された患者様です。

前歯のブリッジが中の土台ごと折れてしまい、ほとんど歯が残っていない状態です。

被せ物の支えとなる歯が少ない場合、そのまま作り直ししても土台ごと取れてしまう可能性が高くなります。

また、被せ物が取れて、作り直してを繰り返すと歯自体がもろくなり抜歯になってしまうリスクが上がります。

こういった状態で治療を進める場合

①そのまま土台を作り直し被せ物を作る

②使える歯を増やすため、矯正治療で折れた歯を歯茎の中から引っ張り出す

③使える歯を増やすため、外科処置で歯茎と骨の形を整え歯を歯茎の中から出す

 

相談の上③の治療方法ですすめることになりました。

 

処置前

外科処置後

歯の分量が増えしっかりとした被せ物を作る準備ができました。

 

ここに歯の硬さに近いグラスファイバーの土台を使用し歯の形を整えます。

 

仮歯を作製し、最終的な形を想定し調整します。

 

この状態で経過観察を行い、問題が出ないことを確認し最終的な被せ物の作製に移行していきます。

 

歯の色を記録にとり、できるだけ自然な色合いで作製します。

 

セラミックを装着後の状態です。

自然な色、形が再現でき満足していただくことができました。

被せ物を作製する際、いくら良い物を選択しても中の歯の状態が悪ければ、中からダメになってきてしまいます。

そのため、根管治療、歯周病治療、土台、歯の形作りなど基本的な部分をいかに丁寧に治療するかでその歯の寿命が変わります。

審美的な部分にのみとらわれるのではなく、そういった基本的な部分もしっかりおこなっている歯科医院での治療をおすすめします。

 

治療期間 約3ヶ月
治療費  ¥400,000   +   tax
治療のリスク 被せ物がかけてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:審美治療, 症例集

 

 

 

メタボって歯周病と関係あるの?

メタボリックシンドロームと歯周病との関連性については、

わが国の疫学調査で検討されています。

 

それによると、

メタボリックシンドロームの5つの診断基準のうち、

陽性項目が4つ以上当てはまる人は、

健常者に比べて、

歯周病のリスクが6.6倍に上昇していることがわかりました。

 

逆に、

歯周病原因菌が増えると、

その構成要素であるリポ多糖(LPS:lipopoly saccharide)の

血中濃度が慢性的に高くなり、

肝臓や脂肪組織に脂肪がつきやすくなったり、

インスリンが十分に働かなくなることが報告されています。

 

つまり、

歯周病の人はメタボリックシンドロームになりやすく、

悪化しやすいことも明らかになっており、

歯周病とメタボリックシンドロームの関係は

基礎・臨床研究の両側面から実証されてきています。

 

生活習慣病であるメタボリックシンドロームと、

同じく生活習慣病である歯周病の関係性がわかったところで、

当院での歯周病の治療前後の一例をお見せします。

 

 治療前

治療後

 

定期的なクリーニングを続けて、歯周病、そしてメタボも予防していきましょう。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:歯周病, 症例集

 

 

 

5月診療のご案内

5月20日(木)、5月30日(日)の2日間について、

スタッフ研修および外部イベントへの出展のため休診いたします。

ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

その他は休診日、お昼休みなしで診療しております。

口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

前歯の審美ブリッジ

前歯の揺れと色が気になる事を主訴に来院された患者様です。

右側の白い被せ物が入ってる歯が大きく揺れていました。

また、真ん中より左側の歯の色が濃く、周囲と違うのがはっきりとわかります。

様々な検査と患者様との相談の結果、揺れてしまっている歯に関しては、残念ながら抜歯することになりました。

また、色の濃い歯に関しての治療方法は2つあります。

1:ホワイトニングで歯の色を変える

2、被せ物での治療で色と形を変える

今回の場合は歯の先端も一部欠け、歯自体ももろくなっているのが予想できるため、被せ物で治していく事となりました。

 

抜歯を行い、歯茎が治ってくるのを待ちながら、仮歯で経過を見ていきます。

抜いた部分の歯茎が落ち着いたため型取りを行います。

 

歯の色を記録し、できるだけ周りの歯に馴染む色で作製していきます。

 

できあがったセラミックを装着します。

形も色も違和感なく作製することができました。

噛み合わせの調整も少なく、とても満足してもらえたと思います。

 

丁寧な診療をすることで、精度の高い被せ物を作製することが可能になります。

しかし、その被せ物もメンテナンスをしていかないと、虫歯や歯周病でやり直さないといけなくなるかもしれません。

被せ物も自分の歯もできるだけ長く守るため、定期的な検診をおすすめしています。

 

治療期間 約3ヶ月
治療費  ¥400,000   +   tax
治療のリスク 被せ物がかけてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:審美治療, 症例集

 

 

 

GWの診療について

GW中の診療については以下の通りとなります。

GW連休中もお昼休みなしで診療を実施しておりますので、突然の口腔内のお痛みなどございましたらお気軽にご相談ください。

4月29日(木) 臨時休診

4月30日(金) 9:00~19:00

5月1日(土) 9:00~17:00

5月2日(日) 9:00~17:00

5月3日(月) 9:00~17:00

5月4日(火) 9:00~17:00

5月5日(水) 9:00~17:00

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

その歯まだ残せるかも

その歯まだ残せるかも(エクストルージョン)

差し歯が取れたから、歯医者に行って付け直したというご経験はありますか?

「次また取れたら、もうこの歯は抜かなきゃいけないよ」

と言われたことはありますか?

今回は、前歯の被せ物が取れてしまうというお悩みに対しての治療方法をご紹介します。

 

この真ん中に見える歯は被せ物です。

差し歯になっているのですが、何度も取れてしまい、それを防ぐために隣の歯とボンドでくっつけてあるようです。

このままだと磨きづらいですし、見た目もよくありません。

また、取れないように歯ぐきの中にまで被せ物を押し込んでいるので、歯ぐきに炎症もみられます。

一度、被せ物を外して、中の状態を見てみましょう。

虫歯の進行と度重なる治療の結果、残っている歯がここまで少なくなってしまっていました。

表と裏から見たところの写真です。

この状態では、見えている部分の歯が短く、被せ物をしても接着力が弱くなってしまうため、食事で力が加わるとすぐに取れてしまうことがわかります。

何度も取れては付け直してを繰り返しているうちにもし歯が折れてしまったら、本当に抜かなくてはならなくなってしまいます。

そうならないようにするには、この歯を矯正力で引っ張り上げて、被せる部分を作る必要があります。

残っている歯を引っ張るための装置をつけたところです。

隣の歯にワイヤーをくっつけて、そこを固定源にしてゴムの力で根っこを引っ張り上げます。

歯並びや咬み合わせによって、このワイヤーを裏側の見えないところにつけられる場合もあります。

この装置をつけて大体1~2ヶ月で引っ張り上げることができますが、その後は数ヶ月、後戻りしないか様子を見る必要があります。

引っ張り上げて、装置を外したところです。

歯の見えている部分が長くなりましたね。

ここまできたら、被せ物をするための土台を作っていきます。

土台になる材料を盛り上げ、被せ物をつけるために形を修正したところです。

繰り返しになりますが、歯ぐきより上にしっかり自分の歯の部分も見えており、この部分が、またすぐ取れない被せ物を作る上で大切なポイントなのです。

この状態で型を取り、被せ物を作ります。

 

被せ物をつけたところです。

隣の歯に色や質感を近づけるため、セラミックという材質を選択しました。

歯ぐきの炎症も落ち着きましたね。

治療の前後を見比べてみましょう。

隣の歯との間にボンドが見え、被せ物の色も透明感が弱く、

いかにも差し歯がついているように見えていた治療前の状態ですが、

治療後は、見た目はより自然な感じの仕上がりになり、

歯の周りもスッキリして磨きやすくなったとのことでした。

 

差し歯が何度も取れて、その度に付け直していたけど、

「もう限界だ、歯が残り少なくて、もう被せることはできないよ」

と言われてしまったら。

治療の選択肢を確認してみてください。

まだ、残せるかもしれません。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 虫歯治療

 

 

 

前歯の審美治療

前歯に入っている差し歯のやり直しを希望し来院された患者様です。

初診時の写真です。

 

かなり昔に治療を受けたとの事で、周囲の歯と大きく色がずれ、かけてしまっているのがわかります。

 

 

色と形を合わせるため、差し歯の作り直しを進めていくことになりました。

まず、被せ物を除去します。

 

 

神経の治療をすでに受けており、金属の土台が埋まっている状態です。

以前の治療がだいぶ古いため、根管治療のやり直しから進めていきます。

根管治療後です。

 

 

根管治療後、根の内部は充填材で埋まります。
しかし、強度としては十分とは言えず、そのままの状態では被せ物は作製できません。そのため根の内部を埋め補強し、全体の形を整える必要があります。

また、口の中には多くの菌が存在し、根管治療が問題なく終わっていてもその菌が根の内部に入ってしまうと再度感染を起こしてしまいます。 それを防ぐため内部を緊密に埋め、菌が入ってしまう経路をできる限りなくしていきます。 この処置を支台築造と呼びます。 レジンと呼ばれる医療用の樹脂を使用し歯の内部を封鎖し補強します。

従来の治療では型取りを行い、金属の土台を装着していましたが、金属が硬く歯へのダメージを考慮し、現在では歯の硬さに近いレジンとしなやかさがあるグラスファイバーを使用しています。 また、当院では状況に応じて、ラバーダムを使用し口の中の菌が歯の内部に入らないよう注意しながら支台築造を行っております。

支台築造後です。

 

 

治療開始の段階から仮歯を作製しておきますが、土台が入った段階で最終的な形態にできるだけ近い形に仮歯を調整していきます。

また、患者様と相談しこの状態から周りの歯の色を少し明るくするためのホワイトニングを行っていきます。

 

 

形、色に問題がなくなり経過を見てから、最終的な被せ物の作製に移ります。

歯の色の記録をとり、型取りを行います。

 

 

できあがったセラミックを装着します。

 

 

自然な色合い、形に仕上げることができました。

治療前後です。

 

 

今後、被せ物や歯に問題がでないよう定期的な噛み合わせのチェック、歯周病の検査が必要になります。

様々なケースの審美治療を行っております。

お気軽にご相談ください。

治療期間 約3ヶ月
治療費  ¥100,000   +   tax
治療のリスク 被せ物がかけてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:審美治療, 症例集

 

 

 

入れ歯、作りませんか?

歯周病が進行し、自然に歯が抜けることがあります。

自然に抜けるということは、

物が噛めないほどグラグラしているような状態です。

 

そのため、

歯が抜けて急に食事がしづらくなり困った、

とはならず、

歯科医院を受診せずにそのままにしてしまうことがあるようです。

 

その場合、歯がないため、

 

うまく咀嚼できなくなり、

食べ物をそのまま飲み込んでしまうようになったり、

 

歯を支えていた骨が痩せてしまうため、

顔の形も変わってきてしまいます。

 

食べる機能が失われているため、その機能を回復させる治療が必要になります。

 

その一つの方法が、入れ歯です。

それでは、実際の治療をお見せします。

 

 

 

「歯が抜けてしまったけど、今までそのままでした」

とお話しになった患者さんです。

残っている歯はグラグラで、噛みづらくなってきたとのことでした。

 

このままでは、うまく咀嚼できずに丸飲みするようになってしまい、

誤嚥してしまったり、胃をわるくしてしまうこともあります。

 

歯周病の進行が著しく、治療をして歯周病が治る状態ではないため、

抜歯して、入れ歯を作る治療計画を立てました。

 

 

抜歯後の状態です。

歯を抜いた部分の傷も治り、残った歯ぐきが見えています。

 

この歯ぐきの型をとり、ピッタリの入れ歯作りを始めます。

 

型をとったら、咬み合わせをみたり、

歯の位置にズレがないか確認する段階をふむので、

型とりから2~3回来院していただき、入れ歯を完成させます。

 

 

完成した入れ歯をつけた状態です。

見た目も良くなりましたね。

 

以前は柔らかいものしか食べられなかったけど、

今は好きなものを何でも食べられるようになったと喜んでくれました。

こんなに簡単にできることなら、もっと早く治療しておけばよかったなぁ、

ともお話しになっていました。

 

 

治療前

抜歯後

入れ歯完成後

 

食べられるようになることは、健康を保つためにとても重要なことです。

また、見た目のイメージも大きく変わります。

 

歯がグラグラだけど、まだなんとか噛めるし、

このままでいいやと諦めてしまっていませんか?

 

入れ歯を作って、心身ともに健康的な生活を送りましょう。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:入れ歯(義歯), 症例集

 

 

 

4月の診療について

4月18日(日)、4月29日(日)の2日間について、

院長のセミナー講演および地域イベントへの出展のため休診いたします。

ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

その他は休診日、お昼休みなしで診療しております。

口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

銀歯の下の虫歯

検診希望で来院された患者様です。

特に症状のある部分はありませんでした。

歯科用ルーペ、マイクロスコープを使用し口腔内診査の結果、

銀歯の下に虫歯が見つかりました。

マイクロスコープを用いて調べた治療前の写真です。

 

銀歯と歯の間にわずかに隙間がみられます。

治療の必要性を説明し、銀歯を除去していきます。

除去後の写真です。

 

 

虫歯の部分に反応する検知液を用いて、虫歯を染めだしていきます。

青く染まった部分が虫歯です。

 

 

虫歯を除去後、樹脂を用い歯の内面をなだらかにし銀歯を作りなおすための型取りを行います。

型取り前の状態です。

 

この後、銀歯を装着して治療は終了します。

症状がなくても虫歯ができている場合があります。

マイクロスコープや歯科用ルーペで拡大し診査することで、小さな問題もみつけることができます。

定期的な歯科医院での検診をお勧めします。

治療期間 約2週間
治療費  保険診療
治療のリスク 被せ物がはずれてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 虫歯治療

 

 

 

その虫歯、見逃したくない

虫歯って穴が開いているイメージ、ないですか?

 

例えば、こんな感じ。

 

でも、実は、こんなにわかりやすくない虫歯もあるんです。

 

 

 

 

 

この写真の中に、虫歯が一箇所あるのですが、わかりますか?

 

 

 

 

虫歯の治療を進めた時の写真がこちらです。

 

 

実は、この、歯と歯の間から虫歯がひろがっていたのです。

 

このように見えない位置に虫歯ができているということは、

決して珍しいことではありません。

 

 

そもそも虫歯というものは、

ずっと同じ場所に磨き残しがあり、

そこに虫歯菌がやってきて、穴を作っていくのです。

 

見える位置や、ツルツルの面にはそもそも磨き残しはできません。

このように、見えづらく、磨き残しがたまりやすい部分にできていくのです。

 

 

その代表的な部分が、この、歯と歯の間なのです。

 

さて、治療を進めます。

 

 

こんなに虫歯は進行していたのです。

虫歯の範囲を確認するために、専用の検知液で染め出しています。

青く染まっているところが虫歯なので、

ここからさらに虫歯を削っていきます。

 

 

最終的には、ここまでひろがっていました。

 

 

 

 

この状態からパッと見て、

虫歯がこんなにひろがっていたとわかりましたか?

 

我々はなぜ、ここに虫歯があるとわかったのかというと、

 

見た目のちょっとした色の違いや、レントゲン検査の結果からです。

それには専門的な知識と経験、

そして、マイクロスコープなどの精密検査機器が必要になります。

 

今回は、この見えづらい位置にできてしまった虫歯を、

早期に発見することができたため、

 

 

このように、白い詰め物で、即日に埋めることができました。

 

これがもし、もっと進行した状態で見つかった場合、

この白い詰め物だと強度不足で、

銀歯にしなければならなくなる可能性もあるのです。

 

もっとひどければ、痛くなって、神経をとる必要だってあるかもしれません。

 

 

大事なことは、

 

症状がなくても、

きちんと定期検診を受ける。

 

ということです。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:症例集, 虫歯治療

 

 

 

被せ物を作る前のホワイトニング

被せ物や差し歯を作りなおす際に、その色をどうするか毎回患者様と相談します。

現状の歯の色に合わせて作るのか。

どの歯の色に合わせて作るのか。

もしくはあえて少し白く作るか。

など、歯によって色の違いがあるため、どの歯のどの色を基準に作るのかはとても重要になってきます。

特に保険外治療でのセラミックの作製で、前歯においては。

 

だいぶ昔に作った前歯の被せ物のやり直しを希望された患者様です。

前歯の被せ物が周りの歯と色の差が大きく浮いた印象を受けます。

 

被せ物を作る際、周囲の歯の色を参考にするのですが、その歯の色をどうするか相談していきます。

セラミックでの修復を希望し、せっかくきれいにつくるのであれば少し今より白くしたいとホワイトニングを希望されました。

 

自分の好きな程度にまでゆっくり白くできるホームホワイトニングを行いました。

型取りを行い、患者様の歯型にあったオーダーメイドのトレーを作製します。

2週間程度ホワイトニングをすすめてもらいました。

 

ホワイトニング後の写真です。

 

処置前後で比較します。

明るくなっているのがわかると思います。

 

この色に満足されたため、色見本を使用し歯の色の記録をとります。

ここからセラミックの作製に移行していきます。

セラミックに関しては別の記事で詳細を説明する予定です。

 

様々なケースのホワイトニングに対応しております。

お気軽にご相談ください。

治療期間 約2週間
治療費  ¥30,000~
治療のリスク 色が後戻りする可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

 

 

 

乳歯の虫歯治療

お子さんの歯みがき、毎日してくれていると思いますが、

前歯がこんな感じになっていたら、

それは、虫歯です。

 

ストローでジュースを飲むことが多い子どもは、

前歯の間に甘いものがたまりやすいため、

ここに虫歯ができやすいのです。

 

ここは歯ブラシだけではキレイに磨ききれないので、

デンタルフロスを使ってあげてください。

こんな感じの持ち手があるやつだと使いやすいと思います。

虫歯を作らないように、日々の歯みがきが何より大事なのです。

 

それでも今回のように、

実際に虫歯で穴があいてしまったら、

歯医者で虫歯治療をしなければなりません。

 

 

治療後の写真です。

虫歯を削って、白い詰め物で埋めました。

 

虫歯が小さければ、痛みもなく、麻酔なしで処置することも可能です。

 

なので、

保護者の方による毎日の歯みがき、

そして、

細かなチェックをお願いします。

 

虫歯か、あやしいなと思ったら、すぐに見せてください。

 

←治療前

←治療後

 

いっしょに、お子さんの虫歯ゼロを目指しましょう。

定期的な虫歯検診、お待ちしています。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:小児歯科, 症例集

 

 

 

3月の診療のご案内

3月30日(火)は院内研修のため14時から診療を開始致します。

その他は休診日、お昼休みなしで診療しております。

口の中でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

アズ歯科 桶川院

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:お知らせ

 

 

 

セラミックインレー、クラウン

主訴:銀歯をきれいにしたい

下の奥歯に入っている金属が口をあけると見えて気になるため、きれいにしたいと来院されました。

かなり昔に治療したとのことで、銀歯の中に虫歯があることも疑えるため、治療しセラミックで修復することになりました。

 

治療前の写真です。

 

右の奥歯から治療を開始しました。

銀歯を除去した状態の写真です。

 

銀歯の下に虫歯ができていました。

症状はなくても、経年劣化により銀歯の変形が起こり、そこから菌が侵入し虫歯ができていたと考えられます。

虫歯を除去後、セラミックを作製するため、型取りを行います。

また、周りの歯の色にできるだけ近く自然な色合いにするため、色見本を使いながら現在の歯の色を確認し記録をとります。

 

 

その後、できあがったセラミックを装着します。

装着後の写真です。

 

 

とてもきれいで違和感なく仕上がりました。

セラミックは審美的に優れているだけではなく、表面が滑沢なため汚れや着色がつきづらい材質です。

定期的なメンテナンスをしていけば、長期間この状態を維持することが可能になります。

治療期間 2回
治療費  ¥150,000 + 税
治療のリスク 詰めたものが欠けてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:  カテゴリ:審美治療, 症例集

 

 

 

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ