048-871-5687

お電話が通じにくい場合はこちらへ

電話番号 080-7307-9161

アズ歯科 桶川院 審美治療

審美治療キレイな口元をデザインする

虫歯治療

審美治療について

審美治療とは?

審美治療とは機能的に優れた美しい歯並びと、歯の色や形の調和を目指す治療です。ただ、忘れてはいけない大前提は「天然歯に勝るものはない」ということです。
そのためアズ歯科では、ご自身の歯を活かした(残した)審美治療を大事にしています。
一概に審美治療と言っても、「ご自身の歯並びや形を整えたい方」、「金属で治療した歯、変色した詰め物を自然な白さにしたい方」など様々です。
色々なお悩み(患者様のニーズ)がありますので、それに合わせた審美治療法が多く存在します。

セラミック治療を詳しく説明します

本ページでは、審美治療についてできるだけ詳しくご説明しますが、特にセラミック治療に関して詳細にまとめています。

歯をキレイにしたい、美しくしたいなどのお悩みがございましたら、ぜひご覧ください。

一般歯科と審美治療の違い

一般歯科では、虫歯・歯周病の治療や入れ歯を作ったりする、いわゆる医学的に絶対に必要な病気の治療を指します。
一方、審美治療とは、そういった病気の治療ではなく、口や歯をよりきれいに・美しくするための治療となります。美容的な側面があるため、美容歯科という言い方をする場合もございます。

審美治療は、現状をさらに良くする治療のため、高度な技術や経験がなにより大事です。そのため、通常の一般歯科医院ではできないようなケース、または苦手なケースが多々あり、すべての歯科医院で対応できるわけではございません。

審美治療のメリット・
デメリット

審美治療のメリット

審美治療のデメリット

審美治療のメリット・デメリットをまとめると

審美治療は、保険治療のように金属を用いないため、見た目が悪くならない(審美的に美しい)ことがメリットの一つとしてよく挙げられます。
しかし、審美治療には見た目の問題以上に、より重要なメリットがございます。

それは、健康面です。
一般的な銀歯は、数種類の金属を混ぜた合金でできているため、長く使用するとその中に含まれる金属(スズ、ニッケル、パラジウム、銅など)がイオン化して溶け出すことで、金属アレルギーを引き起こしたり、周囲の歯茎を黒く変色させたりしてしまいます。
昔よく使われていたアマルガムという銀色の詰め物は、主成分の水銀が徐々に口の中に溶け出していくため、人体に多大な悪影響を及ぼし、大問題となりました。

しかし、セラミックは長期間使用しても変色したり、有害物質が溶け出したりすることがないため、安心して使用することができます。

銀歯を用いるのは日本だけ?

実は、欧州などの先進国において、日本のように虫歯治療で銀歯を使用するケースは珍しく、セラミックなどの白い歯を用いるのが一般的です。

欧米諸国では、美しく白い歯やきれいな歯並びはとても価値あるものとされ、社会的なステータスを表すものです。そのため多くの人が歯を美しく健康に保つために、常に高い意識を持っています。

審美治療の種類

セラミック治療

白く美しい歯"セラミック"

セラミック治療とは、虫歯などで失った歯質を天然歯と同じ色・質感のセラミックで補う治療法です。

虫歯治療だけでなく、過去に金属で修復した部分の交換、変色している歯の治療、歯並びや歯の形の改善などの治療時に行います。

そもそもセラミックって何?

セラミックとは、身近な物で例えるとお茶碗やお皿などの陶材と同じような材質になります。
従来の保険治療では、虫歯などで歯の一部を失った場合、その部分を金属で補うことがほとんどでした。

というのも、歯には常に強い力が加わり、熱いもの、冷たいもの、酸性のものにさらされるなど、この過酷な条件に耐えられる材料として金属は適切だったためです。
また日本では、医療保険制度により銀歯での治療なら少ない費用負担を受けられることも大きな要因でした。

しかし銀歯は、天然歯とは明らかに色が異なるため、見た目が美しくないといったデメリットがあります。

ここで、登場するのがセラミックです。天然歯と同じ白色を再現でき、金属の見た目の悪さを大幅に改善することができます。
セラミックにも幅広い材質が存在します。それぞれ簡単にご紹介します。

クラウン(被せ物)

オールセラミッククラウン

歯科用セラミック(陶材)を用いて作られた、金属を一切使用しないメタルフリーの被せ物です。ジルコニアと比較すると強度はやや劣りますが、色調豊かな優れた審美性が特徴です。

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアの強度を活かし、固いものを噛んでも被せ物が壊れにくい優れた耐久性が特徴です。ただ、白くできるが色の細かい調整が難しく、透明感が少ないです。

ハイブリッドセラミッククラウン

レジン(プラスチック)とセラミックを混ぜた素材です。オールセラミックやジルコニアに比べ強度がやや落ち、変色・着色する場合があります。

ゴールドクラウン

金合金やプラチナ合金などの貴金属を利用したクラウンです。メリットとして適合性がよく、錆びることもほとんどございません。ですので、歯や歯茎が変色することありません。
ただ、金属を使用しているので、見た目の美しさは欠けます。

インレー(詰め物)

インレーもクラウン同様、セラミック・ハイブリッド・ゴールドなどの素材を用意しております。
その中でもセラミックインレーはジルコニアと比べると強度は落ちますが、歯のエナメル質と同等の強度を持ち、インレーのような部分的な詰め物では第一選択となります。

その他の審美治療法

ホワイトニング

ホワイトニングとは、黄ばんだ歯を漂白し、白くて美しい歯に仕上げる治療法のことです。ホワイトニングはアメリカ発祥の治療法で、歯のアンチエイジングを考えている方や、結婚式を間近に控えている方など、さまざまな患者様にとっておすすめな治療です。

ホワイトニングを見る

矯正歯科

矯正歯科とは、歯並びを整える治療です。矯正治療の中には、金属のブラケットを使用したワイヤー矯正と、透明で目立たないマウスピース矯正など様々な種類が存在します。
当院では、世界で1,000万人以上が使用し、最も信頼性が高い「インビザライン」と呼ばれるマウスピース矯正を行っております。

矯正歯科を見る

クリーニング

クリーニングには、保険と自費の2種類がございます。
それぞれの違いは、保険は治療が目的で、自費は予防が目的な点です。保険診療は、元来病気に対する治療として行われます。ですので、検査なしに歯石除去などの治療を行うことができません。

しかしながら、自費診療のクリーニングの場合、何度も歯科医院に通うのではなく、一気に全部歯石除去を1日で行うことが可能です。PMTCがメインに行われます。

予防歯科を見る

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面をごくわずかだけ削って、歯の色をした薄い板を貼り付けて見かけを改善する方法です。歯が変色する場合や、歯と歯の間に少し隙間がある場合などに有効です。

従来は、歯の全周を削り、その上に被せ物(クラウン)をすっぽり覆うのが一般的でした。しかし、これは健康の歯も削る必要があります。

しかし、ラミネートベニアであれば、表面をわずか数mmだけ削れば良いので、削る量も大幅に抑えられ、かつ歯の神経にも影響はございません。

ラミネートベニアの症例を見る

当院の審美治療

最新の医療機器による精度の高い治療

ルーペはもちろん、マイクロスコープを使用して治療を行いますので、より精度の高い治療を実現可能です。

マイクロスコープを用いることで、裸眼では見えない部分を5~25倍の拡大下で見ることができ、より細かな診断、治療が可能になります。

マイクロスコープを見る

専属の歯科技工士によるフルオーダーメイドの補綴物を作製

患者様に質の良い審美治療を提供する為には、技術力の高い歯科技工士の存在が不可欠です。

当院には高い技術力と実績のある歯科技工士が在籍していますので、精密な補綴物を製作できます。

歯科技工士を見る

何よりも患者様のご希望を大事に

当院は治療前のカウンセリングの時間を十分に設けています。患者様は一人一人、治療期間を短くしたい、治療費用をできるだけ抑えたい、などの異なるお悩みを抱えています。

患者様が望まれている理想を叶えるためにも当院ではカウンセリングを大事にしているのです。

スタッフ紹介を見る

症例紹介

審美治療ならアズ歯科へ
数多くの症例実績がございます

当院では数多くの症例実績がございます。
症例ページを準備していますので、是非一度ご覧くださいませ。

審美治療の症例を見る

審美治療の流れ

Step1 カウンセリング

治療を始める前に初診相談(カウンセリング)を、じっくり時間をかけて行います。患者様の希望する被せ物を伺い、相談の上、最善の治療方法、被せ物の種類を検討していきます。 期間、金額の提示を行い了承後治療に移行していきます。

Step2 診査・診断

歯の中や歯の周りを調べるためにレントゲン・CT撮影などを行い、お口の状態を正しく診査いたします。

カウンセリングと同日に行うことも可能ですので、事前にお電話にてご相談ください。

Step3 治療開始

カウンセリング内容と、事前の精密検査のデータをもとに、治療スタートいたします。最終的な補綴物が技工所で完成するまでの間、仮歯を使用していただきます。

技工所での製作が完了したら、精度、形態、色は問題ないか確認し、患者様と一緒に見てもらいながら仕上げます。

Step4 最終チェック

治療の過程が全て終了したら、歯の噛み合わせや違和感がないかなど最終チェックを行います。

また、治療後は定期的にメンテナンスを行い、機能的にも審美的にも良好な状態を長く保てるようアフターフォローいたします。

審美治療の治療費

e-max(セラミックインレー) 50,000円
オールセラミッククラウン 120,000円
ジルコニアクラウン S:100,000円
A:80,000円
B:50,000円
Tek(仮歯) 3,000円

デンタルローン

みなさん、「デンタルローン」をご存知ですか?

あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、デンタルローンとは高額な治療費を毎月決まった額で分割払いできるシステムです。
せっかく治療に一歩踏み出したのに、治療費が原因で諦めてしまうと、悪化し最悪抜歯しなければならず、食事や会話が思うようにできない、人前で口を開けたくないなどのコンプレックスに繋がります。

そのため当院では、より治療ハードルを下げるため分割払いができる仕組みを整えました。月々3,000円から利用可能ですので、ぜひご利用ください。

審美治療のよくある質問

よくお聞きする質問集をまとめました

クラウンとブリッジの違いはなんですか?

クラウンとは、歯の根が残っている歯に被せる治療です。
被せ物の材質は保険の場合は主に銀歯が利用され、自費の場合セラミックなどが第一選択となります。

一方ブリッジとは、歯を根まで抜歯した後、単独の歯で被せられない場合に、両隣の歯を使用し抜歯した部分を含め3本以上の連続した被せ物を使用する治療です。健康な両隣にも負担がかかる点がデメリットです。

神経を抜いた歯が黒ずんで気になります。治せますか?

可能です。セラミックを被せることで、白くキレイな歯にすることができます。状態によっては、ウォーキングブリーチも適応になる場合がございます。まずは一度来院していただけたらと思います。

セラミックの歯の使用期間はどのくらいですか?

セラミックは噛む力が強いと割れやすいですが、ジルコニアを使用したセラミックが最も長持ちすると言われています。定期的なメンテナンスを行うことで、すぐにダメになることはありません。

歯と歯茎の間の黒ずみがきになります。治せますか?

銀歯や金属を使用した材質の場合、金属成分が溶け出し歯茎が変色することがあります。これが黒ずみの原因です。
この変色の治療は当院にて対応可能です。(ガムピーリング治療)また、銀歯をセラミックに変えることで、変色することはありません。

前歯が大きくて気になっています。セラミック治療で治せますか?

治療可能です。矯正治療とセラミック治療、どちら良いかきちんと診断する必要がありますので、是非一度ご相談いただけたらと思います。

審美治療のご相談はこちら

銀歯のやり直しなど
セラミックをご検討の方へ

アズ歯科は患者様のご要望をお伺いしながら、最適な審美治療をご提供するよう努めております。
そのためには何よりもカウンセリングが重要です。

まずは、お気軽にご相談ください。

WEB予約はこちら

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ