048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

銀歯の下の虫歯治療

主訴

検診

治療内容

検診希望で来院した40代女性の患者様です。

レントゲン撮影や歯周病の検査を行い全体のチェックをしていきます。

また、症状がなくレントゲン上で異常が確認できない場合でも虫歯が存在する事があるため、マイクロスコープを用いて被せ物に問題ないかチェックしていきます。

上の奥歯の被せ物と歯の間にわずかに隙間がみられ、虫歯の進行が疑われます。

患者様に画像を用いて説明し、治療の了承を得ました。

赤い丸の部分に隙間がみられます。

 

できるだけ歯を傷つけないよう最小限に削り金属をはずしていきます。

 

 

除去後の写真です。

 

セメントの劣化と歯の変色が確認できます。

虫歯に反応する染色液を使用し、虫歯の部分を明確にします。

 

染まった部分のみを除去。再度染め出し確認。

この作業を虫歯がなくなるまで繰り返します。

 

虫歯を除去した状態のまま型取りを行うと、削った部分は凸凹のため適合のよい被せ物が作れません。

また、内部の神経との距離が近くなり、装着後に冷たいものがしみる症状がでてしまう可能性があるため、神経を保護し滑らかになるよう、歯科用の樹脂を使用し形を整えます。

 

 

この状態で型取りを行い、仮封をします。

次回被せ物を装着し、この歯の治療は終了です。

 

今回のように症状がなくレントゲンで異常が確認できない場合でも、マイクロスコープを使用し拡大下で確認することで虫歯を早期に発見することができます。

大きな虫歯になってからの治療では神経を除去する必要がでてしまう場合があります。

早期発見、早期治療のため、症状や気になる部分がなくても定期的な検診をお勧めします。

 

期間 2日
来院回数 2回
金額 保険診療
治療によるリスク 被せた部分がとれてしまう可能性がある

 

桶川市の歯医者・歯科【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:症例集, 虫歯治療

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ