048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

銀歯の下の虫歯です

虫歯の治療をお見せします。

 

 

この銀歯の一部が欠けているように見えると思います。

この欠けている部分だけが虫歯かと思いますよね。

 

虫歯はこの銀歯の下にも隠れているため、まずは銀歯を外します。

 

 

 

すると、

 

欠けているところ以外にも、黒くなっているところがありますね。

銀歯をくっつけていたセメントが変色している部分もあります。

 

この黒くなったセメントと、その中の虫歯になっているところを削ります。

 

 

 

銀歯の外形よりも穴が大きくなってきました。

ここまできたら、ある程度虫歯がとれたかなと思いますよね。

 

ここで、虫歯が青く染まる薬で確認してみましょう。

 

 

まだまだ残っていました。

 

この青くなっているところを削っていきます。

 

穴もずいぶん深くなってきました。

なんだか真ん中のあたりに暗い部分が見えてきましたね。

あの奥に神経があります。

これ以上削ると、その神経がむき出しになってしまいます。

ここまできたら虫歯はもうないでしょうか。

ここでもう一度、虫歯がないか、先ほどの薬でチェックしてみましょう。

 

 

 

神経の周りにもこれだけの虫歯がひろがっていました。

 

じつはこの患者さんは、数日前からこの歯に強い痛みを感じていました。

それは、こうした虫歯が神経まで及んでいたためなのです。

 

そうなっている場合、虫歯をとるだけではなく、感染した神経までとる必要があります。

それが根管治療と呼ばれるもので、治療範囲も大きくなってしまうのです。

 

ちなみに、

こんな感じで、治療を進めていきます。

歯の中身をとらなければならないので、歯を削る量も当然増えます。

 

 

こんなに小さな穴なのに、、と思うかもしれません。

 

しかし、

レントゲンを含めた歯科医院での定期検診を行なっていれば、

ここまで虫歯が大きくなる前に発見することができるのです。

 

痛くなるまで虫歯を放置しないことが大事です。

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:症例集, 虫歯治療

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ