銀歯からセラミックへ

桶川の歯医者|アズ歯科 桶川院

だいぶ昔に治療した銀歯の下が心配で治療が必要かどうかの相談希望で来院された患者様です。

マイクロスコープ、レントゲン撮影で金属と歯の間に段差と隙間を認めたため、治療していくことになりました。

銀歯を除去すると中が黒く虫歯になっている部分が確認できました。

そこまで大きな虫歯ではありませんでしたが、神経がある歯のためこれ以上進むと症状が出てくる可能性があります。

虫歯を除去し、再度虫歯になりづらいようセラミックで修復することになりました。

 

自然な色合いにするため、歯の色の記録を取ります。

また、保険外専用の材料を用いて精密な型取りを行います。

 

出来あがったものを調整し装着します。

適合、噛み合わせともにとても良く、色も自然に仕上がりました。

審美面を重視してセラミックを検討する方も多いですが、専用の材料による型取りで精度の高い被せ物が作製可能なため虫歯になりづらい部分も大きなメリットだと考えます。

 

処置前後の写真です。

 

 

様々な種類のセラミックを取り扱っております。

お気軽にご相談ください。

治療期間 2週間
治療費  ¥50,000+ tax
治療のリスク セラミックが欠ける可能性がある。

 

 

桶川の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:審美治療, 症例集

関連記事

AS DENTAL CLINIC.
日本歯科医療評価機構

患者様満足度アンケートにご協力ください。

患者様により良い歯科医療を提供するため、
第三者機関に依頼して
満足度調査を行っています。
当院には患者様の個人情報は
一切伝えられません。
是非、たくさんのお言葉をお寄せ下さい。

また、当院では皆様から頂いたご意見をもとに、スタッフ全員で医院をよりよくしていく取り組みを実施しています。
当院について、お気づきになられた点などがございましたら、何でもお気軽にご意見をお寄せください。