048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

前歯の審美治療(セラミック)

前歯の治療相談で来院されました。

仮歯が入っており、現在、中の歯の治療中との事です。

仮歯がよく取れてしまうことと、仮歯の見た目が気になっているそうです。

初診時の写真です。

仮歯と歯の間に隙間があり少し浮いているように見えます。

また、長さもバラバラで見た目も良いとは言えない状態でした。

仮歯は治療のために外さないといけないので弱めの接着剤で装着したりしますが、取れるのを繰り返すと治療がなかなか進まなくなります。

また、取れた仮歯を再度つけたり、修理する必要がでるため患者さんのストレスにもなります。

そのため。できるだけしっかりとした強度と審美性を備えた仮歯を作るべきだと考えます。

新たな仮歯を作製し、調整したところです。

仮歯ですが審美的にも問題ない状態だと思います。

ここから中の治療を進め、仮歯の形で最終的な歯の形を模索していきます。

また、最終的な被せ物の色も検討していきます。

 

今回は審美性、強度、清掃性を兼ね備えたセラミックで作成することになりました。

装着後の写真です。

周りの歯の色とも馴染み、とても自然な仕上がりになりました。

仮歯の形を参考にして作製しています。

 

治療前後での比較です。

 

当院ではセラミック専門の技工士に依頼し、より精度の高い被せ物の作製を心がけています。

様々なケースへの対応が可能です。

お気軽にご相談ください。

治療期間 3ヶ月
治療費  ¥400,000 + tax
治療のリスク セラミックが欠ける可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:審美治療, 症例集

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ