ノンクラスプデンチャー

桶川の歯医者|アズ歯科 桶川院

歯を抜いたら入れ歯を作る必要があります。

 

もう一度噛めるようにするため、

見た目を改善するため、

周りの歯が移動しないようにするため、

など、入れ歯の役割はたくさんあります。

 

しかし、

「金具が見えてしまうのが嫌だなぁ」

「入れ歯をしていると思われたくない」

というお悩みをお持ちの方は少なくありません。

 

そんな時に最適なのが、

ノンクラスプデンチャーです。

 

クラスプとは金具のこと、デンチャーとは入れ歯のことです。

つまり、金具のついていない入れ歯、ということです。

 

実際の治療を見てみましょう。

 

 

歯周病のお悩みをお持ちの患者さんです。

 

上下の前歯が歯周病でグラグラになってしまっていました。

歯周病の治療をして残せる状態ではなく、

抜歯をしなければ周囲の歯にも悪影響が出てしまうため、やむなく抜歯をすることになりました。

 

 

抜歯後の見た目です。

前歯なので、歯がないことが目立ってしまいます。

 

周囲の歯はグラグラせず、しっかりしている状態なので、

その歯を支えにして入れ歯を作ることになりました。

 

ただし、金具が見えないような入れ歯にしたいというご希望がありました。

そこでオススメしたのがノンクラスプデンチャーです。

 

 

こちらです。

これは入れ歯を装着している状態です。

 

いかがでしょうか。

当時、前歯が歯周病で飛び出ていた見た目も改善しています。

ピンクの色の部分がバネのようになっており、隣の歯を支えにして使用します。

使い方は通常の入れ歯と同じです。

 

笑った時の写真です。

パッと見て入れ歯をつけているように見えないのがノンクラスプデンチャーの最大のメリットです。

また、金具よりも隣の歯にピッタリとハマるので、

すき間に食べ物がつまりにくいのも特徴です。

 

とくに前歯の入れ歯は金具があると光って目立ってしまうのですが、

この治療法を選択することでそのような入れ歯のデメリットを避けることができます。

 

もちろんインプラントやブリッジといった治療法を選択することも可能でしたが、

今回は患者さんと相談した上でノンクラスプデンチャーを選択することになりました。

 

インプラントやブリッジに比べ、

①手術をしたり歯を削ったりする必要がなく、侵襲が少ない

②抜歯後に歯ぐきの治癒を待って型取りするだけなので、治療期間が短い

③金属を使わないブリッジなどに比べて、治療費が安い

といったメリットがあります。

 

ただし、インプラントやブリッジよりも噛む力は劣ります。

また、入れ歯なので歯みがきの時に取り外したりする必要はあります。

 

それでも、メリットもたくさんある治療法なので、

気になる方はぜひ一度ご相談ください。

 

 

治療期間 2ヶ月
治療費  ¥80,000(1箇所あたり、部位や形によって異なります)
治療のリスク 割れる可能性がある

 

桶川の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:入れ歯(義歯), 症例集

関連記事

AS DENTAL CLINIC.
日本歯科医療評価機構

患者様満足度アンケートにご協力ください。

患者様により良い歯科医療を提供するため、
第三者機関に依頼して
満足度調査を行っています。
当院には患者様の個人情報は
一切伝えられません。
是非、たくさんのお言葉をお寄せ下さい。

また、当院では皆様から頂いたご意見をもとに、スタッフ全員で医院をよりよくしていく取り組みを実施しています。
当院について、お気づきになられた点などがございましたら、何でもお気軽にご意見をお寄せください。