048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

セラミック治療と精密印象

セラミック治療と聞いて何を思い浮かべますか?

 

白くてキレイな歯、審美的なイメージではないでしょうか。

 

それも正解なのですが、

実はその他にもセラミック治療のメリットはあるのです。

 

審美的にキレイにするということは、

歯にピッタリ接着しなくてはなりません。

 

そのためには、まず印象(歯の型取り)を精密に行う必要があります。

そこでシリコンという材料を使います。

 

このように、被せる歯のフチを高い精度で再現するのです。

 

ここに石膏を流して模型を作ります。

 

実際の口の中の情報をそのまま模型に移しているのです。

この模型を使って技工士さんがセラミックの被せ物を作ります。

 

色や形をできるだけ本物の歯に近づけて作ります。

 

そうして出来上がったセラミック(ジルコニア)の被せ物がこちらです。

 

精密に型をとって作った模型、

その上で熟練の技工士さんが精度の良い被せ物を作ることで、

元の歯にピッタリくっつけることができるのです。

 

白くてキレイなのですが、材質はとても硬いのです。

 

昔は、セラミック治療というと金属の上に白いセラミック(ポーセレン)をつけたような被せ物が主流でした。

この被せ物もキレイなのですが、

金属とセラミック(ポーセレン)の境界の部分で割れやすいという欠点がありました。

 

しかし、今はジルコニアという新しいセラミックがあります。

これはジルコニア単体で作ることができ、

被せ物の構造に二つ以上の材料の境界がないこと、

ジルコニア自体が非常に硬質である(人工ダイヤモンドとも呼ばれる)ことから、

セラミック(ジルコニア)はそう簡単に割れたり欠けたりしないという新しい認識が生まれ、

現在これだけセラミック治療が普及していることにつながっています。

 

また、セラミックは表面が非常にツルツルしていて、

プラーク(細菌)が付きづらいのも特徴です。

磨き残しを調べるためにプラークを染め出している写真です。

一番左に見える歯がセラミック治療を行った歯です。

歯ぐきの周りに磨き残しがほぼないことがわかります。

 

つまり、セラミック治療を行った歯は元の自分の歯よりも汚れが付きづらいのです。

 

そして、先ほど述べた精度の高い印象(型取り)もあいまって、

セラミック治療を行った歯は虫歯になるリスクを減らすことができるのです。

 

 

 

いかがでしたか?

 

セラミック治療は、単に白くなりキレイになるためだけの治療ではないのです。

 

歯にピッタリくっついていて隙間がないこと、

その耐久性と清掃性の良さから機能的に優れていること、

この二つをもって、美しい状態が長く保たれる審美性につながるのです。

 

「一度虫歯になってしまったけど、

今回の治療で今後また虫歯にならないようにしよう!」

という思いをお持ちの方は、

ぜひ一度セラミック治療を検討してみてください。

 

 

治療期間 2週間
治療費  ¥50,000〜 + tax
治療のリスク 保険外治療である。

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:審美治療, 症例集

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ