048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

セラミックってどんなの?

虫歯になった時、虫歯を削るのはわかりますよね。

じゃあ、削った後ってどうするかわかりますか?

 

自分の歯は一度削ると元には戻りません。

削った分だけ隙間ができて、痛くなったり、

食べ物が咬めなくなったりします。

 

なので、虫歯を削ったスペースに何か詰めなくてはなりません。

そこで詰め物が必要になります。

 

詰め物の材質にはいくつか種類があります。

保険診療で認められているのは、

コンポジットレジン(プラスチック)金属です。

 

コンポジットレジンは歯との接着に優れており、小さな虫歯を削った後に詰める場合に適しています。

しかし強度が弱く、複雑な形を作るのが難しいため、あまり大きな範囲を詰めるのには適さないのです。

 

一方、金属の詰め物は強度は問題ないのですが、

見た目が目立ってしまうこと、歯とくっつきづらいという2点が、

マイナス要素となります。

歯とくっつきづらいということは、一度セメントで金属と歯をくっつけたとしても、

そのセメントが剥がれやすいため、再び虫歯になりやすいのです。

 

そこでオススメなのがセラミックです。

セラミックは保険診療では認められていませんが、

自費診療で選択可能な優れた材料です。

今回は、実際のセラミック治療の一例をお見せしながら、

その性質を解説していきます。

 

 

コンポジットレジンが得意な接着という要素において、

セラミックはそれと同等の接着力を誇るとともに、

強度面においてもコンポジットレジン以上の強さを併せ持っています。

 

また、技工士が時間をかけて作ることができるため、

失った歯、その複雑な形態を回復するという点でも心配ありません。

 

 

セラミックは金属と比べても優れている点は多数あります。

まずは接着です。

日々進歩している接着セメントの性質の向上により、

セラミックは歯と一体となるような接着をすることが可能となっています。

 

また、詰め物を作る際には型を取るのですが、

その型を取る材料も、自費診療ではより寸法変化の少ない精密なシリコン印象材を使います。

 

以上のことから、セラミック治療では隙間の少ない詰め物を作ることが可能となるため、

虫歯になるリスクを大幅に減らすことができるのです。

 

 

最後に、セラミックのオススメポイントとして挙げておきたいのは、

審美的に優れているという点です。

 

セラミックは歯と近似した透明感をもっているため、

周りの歯との違いがわからないように、

つまり、そこに虫歯があったとは思えないような仕上がりにすることが可能なのです。

 

そしてセラミックは表面がツルツルで硬いという特性があるため、

その美しい仕上がりを長年維持できるとともに、

ツルツルで汚れが付きづらいため、

虫歯予防にも一役買っているのです。

 

 

いかがでしたか?

セラミックによる修復治療は、コンポジットレジンや金属と比べて、

優れている点は多数あります。

 

しかし、保険診療でセラミック治療が認められていないため、

日本ではまだまだ金属による修復が多いのも事実です。

 

虫歯を削ったら金属で詰めるというイメージを捨て、

より精度が良く、接着に優れているため虫歯になりにくい素材、

そして審美的に美しいセラミック治療を一度考えてみてください。

 

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:審美治療, 症例集

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ