048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

鼻症状を伴う歯への根管治療

鼻の症状で耳鼻科に長期に通院し、鼻の手術も受けたが治らず歯科の受診をすすめられ

当院に来院された患者様です。

 

レントゲン、CTを撮影し口腔内に問題がないか調べます。

撮影したCT画像です。

もともと正常な副鼻腔は空洞になっているため、画像では黒く写ります。

しかし、上記画像で右側の副鼻腔(患者様にとっては左側副鼻腔)が白くなっているのがわかります。

その直下の歯が昔の治療後、神経がダメになってしまい、その菌が鼻の方に進んだ結果起こったものと考えられました。

歯性上顎洞炎(副鼻腔炎、蓄膿症)と診断し、その歯の根管治療が必要な旨説明し、同意を得ました。

 

ラバーダム、マイクロスコープを使用し根管治療を行っています。

 

 

治療前と半年後でのCT画像を比較します。

 

副鼻腔と口腔内を隔てる骨も回復し、鼻の症状もなくなりました。

骨ができるまでの経過観察の期間は長くかかりますが、適切な器具、手順を踏んで治療することで治る確率は上がります。

根管治療はとても難易度の高い治療です。

当院では特別なケースを除き全ての患者様でラバーダム、マイクロスコープを使用し、根管治療の成功率を上げるよう努力しています。

お気軽にご相談ください。

 

治療期間 6ヶ月
治療費  保険診療
治療のリスク 再発する可能性がある

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:根管治療, 症例集

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ