048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

根管治療

主訴:セカンドオピニオン

右下の奥歯の痛みで通院していた歯科医院で抜歯が必要と説明を受け、抜歯以外の治療方法がないか相談で来院されました。

 

CT画像で歯の中の状態を確認します。

CTの全体像

正面像

根の先とつながるように黒く穴のように空いてる部分が確認できると思います。

その部分が不十分な根管治療で残ってしまった汚れや菌によって骨が弱くなっている部分です。

またその下に顎の骨の中を通る神経が存在しています。

この神経は下唇や顎先の感覚を司る神経です。

 

側面像

 

この歯をこのまま放置していくと、菌が顎の神経の中まで侵入してしまい、顎先などの感覚が麻痺してくる可能性があります。

その為、根管治療のやり直しを行い、治癒してこない場合は抜歯の可能性があることを説明し治療に移行していきました。

ラバーダム、マイクロスコープを使用し、慎重に根管治療を行なっていきます。

 

治療後のCT画像です。

全体像

 

正面像

 

側面像

根の先まで材料がしっかり詰まっていることが確認できると思います。

 

治療前後のCT画像比較

 

 

骨ができており、治療前に見えていた根の先の黒い空洞もなくなっているのが分かります。

症状もなくなり、被せ物を作り治療は終了です。

根管治療はとても難易度が高く、必ず治るわけではありません。

しかし、丁寧に治療することによって治すことができる歯もあります。

お気軽にご相談ください。

治療期間 3ヶ月
治療費  保険診療
治療のリスク 再発する可能性がある

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:根管治療, 症例集

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ