048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

奥歯にインプラントを

一番奥の奥歯がない人は実は多いのです。

 

・もともと磨きづらい位置の歯であるため虫歯ができやすい

・奥歯は負担がかかりやすく欠けてしまう

・隣の親知らずの影響を受けやすい

 

などの理由から抜歯しなければならないことが多く、

一番奥の歯はブリッジという治療方法でもう一度歯を作ることができないため、

保険治療だと入れ歯の選択肢しかありません。

 

一番奥の歯1本を失って、

入れ歯を使っている方もたくさんいらっしゃいます。

 

しかし、入れ歯だとどうしても噛みづらく、

作ったけど使ってないという方もいらっしゃるのが現実です。

 

「毎回入れ歯を出し入れするのが大変で」

「歯がないことに慣れたから大丈夫」

とおっしゃる方も多いです。

 

しかし、心配なこともあります。

一番奥の歯がなくなると左右で咬んだ感覚に差が出てしまうのです。

そうすると歯の本数が多い方の左右どちらかで咬む癖が出てきます。

その結果、一番奥の歯を抜いたことで別の歯に負担が出てきてしまい、

問題が起こりやすいのです。

 

そこでおすすめなのがインプラントです。

 

インプラントは歯を失った部分の骨にもう一度人工の歯根を作って、

その上に被せ物をする治療方法です。

 

骨に人工の歯根を作る際に手術が必要なので、

そのことに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。

 

ただ、実際は、

手術の内容にもよりますが、抜歯と同程度の負担で済むことがほとんどです。

 

実際の治療の前後をお見せします。

 

ずいぶん前に、下の一番奥の歯を抜歯してからそのままだったそうです。

 

反対側の一番奥の歯はしっかり咬めています。

この方は、こちら側の歯に負担が増えており歯周病が進行していました。

ご相談の上、インプラント治療を行うことになりました。

 

インプラント治療をしたところです。

これで、もともと歯があったところでまた咬めるようになります。

 

咬んでいる状態を真横から見た写真です。

下の右端の歯がインプラントです。

 

入れ歯と異なり、一度治療を行えば、

定期的なメンテナンスは必要ですが、

普段は他のご自身の歯と同じ手入れ、歯みがきで十分です。

 

治療後に楽になった、もっと早くやっておけばよかったという声を多くいただけるのもインプラント治療の特徴です。

気になる方は一度ご相談ください。

治療期間 4ヶ月
治療費  ¥400,000+ tax
治療のリスク インプラントが歯周病になる可能性がある

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:インプラント, 症例集

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ