048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

インプラント(前歯)

前歯の腫れと痛みを主訴に来院された患者様です。

真ん中から左側2番目の差し歯に揺れがあり、歯茎から膿も出ている状態でした。

抜歯が必要な旨を説明し、処置を行いました。

 

歯茎が安定し次の処置に移行するまでの間、仮歯で経過をみていきます。

 

この間、今後の処置をどうするか時間をかけて相談し決めていきました。

①ブリッジ

②入れ歯

③インプラント

 

今回は前歯の処置になるため②入れ歯は除外されました。

抜歯した歯の両隣は一度も虫歯の治療を受けていない天然の歯のため、ブッリジの為に多く歯を削ることがとてももったいない状態です。

相談後、今回は両隣に負担をかけないためにもインプラントを選択されました。

 

歯茎と骨が安定した後、インプラントのオペを行います。

オペ後にインプラントと繋がる土台(アバットメント)が入った状態です。

土台には金属(チタン)を使用するものも存在しますが、今回は前歯であり審美性も重要になってくるため、ジルコニアの土台を装着します。

その上に仮歯をつけ、問題がないか一定期間経過観察していきます。

 

経過観察後、最終的な被せ物を作成するため色を決めていきます。

色見本を使い、周りの歯の色の記録を取り、歯科技工士に作製を依頼します。

セラッミックが完成し、装着します。

自然な形、色に仕上げることができました。

両隣に触れることなく治療することができ、自分の歯と同じように使っていくことができます。

治療前後での比較です。

審美性だけではなく、できるだけ天然の歯の形態に近づけることで機能性も獲得することができます。

インプラントは保険外診療になるため、一定の金額はかかってしまいますが、周りの歯を傷つけず優しくシンプルな治療が可能になります。

難易度の高いインプラントケースにも対応しています。

お気軽にご相談ください。

治療期間 6ヶ月
治療費  ¥500,000+ tax
治療のリスク インプラントが歯周病になる可能性がある

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:インプラント, 症例集

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ