矯正、ブリッジ、インプラント、どれを選択しますか?

桶川の歯医者|アズ歯科 桶川院

歯がない部分を治療する場合、一般的にはブリッジやインプラント、入れ歯などを検討することがほとんどだと思います。

歯科医院によってはその説明しかしていない可能性があります。

しかし、ケースによっては矯正を選択できる場合もあります。

 

また、矯正治療にはマウスピース矯正とワイヤー矯正があります。

現在、審美的な面からマウスピース矯正を希望する患者さんが多くいらっしゃいます。

食事や歯磨きの時は取り外すこともでき、装置をつけていても透明で目立たないため、生活への支障は少ない利点があります。

しかし、どんなケースでも適用できるわけではなく、しっかりと矯正検査による分析を行い、マウスピース矯正が適用できるか見分ける必要があります。

歯並び、噛み合わせ、歯がない部分の治療など複数本の治療になる場合、矯正、インプラント、ブリッジなど選択肢が増えてくるので、どれが適切な治療方法か慎重に相談していきます。

 

今回のケースです。

矯正の相談で来院されました。

上の歯並びのがたつきと、下の歯のない部分をどうしたら良いか相談したいとのことでした。

初診時の口腔内写真です。

 

上は顎の大きさに対して歯が収まりきっておらず、汚れが溜まりやすい状態になっています。

また、下は以前に歯を抜歯してからそのまま放置されていたため、後ろの歯が手前に倒れてしまい、スペースが少なくなっています。

上の歯並びを治すには矯正治療が必要になってきます。

下に関しては、歯がない部分の治療方法として、一般的にはブリッジ、インプラント、入れ歯が選択する候補になります。

しかし、今回はスペースが狭いため、このままの状態で治療をすすめるなら、入れ歯、インプラントを作ることは難しいと考えました。

また、上の歯並びの改善のため矯正治療を検討しており、下の歯がないスペースも同時に矯正治療によって改善するプランを提案しました。

 

同意を得たため、矯正検査を行い、分析、診断を経て治療に入りました。

上顎は抜歯を行い、そのスペースを利用して歯を並べる必要があり、奥歯を固定源にするため、下のような装置を作成し、装着します。

 

治療後半の口腔内写真です。

上下共に装置が入っていると、普段の歯磨きがとても難しく、虫歯や歯周病のリスクが上がるため、定期的に歯科医院でのクリーニングと歯磨き指導を行なっています。

 

矯正治療が終了しました。

とても綺麗な歯並びになり、下の空いていたスペースも歯の移動によって閉じることができ、良い噛み合わせを獲得できました。

これにより、虫歯や歯周病のリスクも減らすことができると思います。

今後は前歯の差し歯の色が気になるとのことなので、全体の歯のホワイトニング後、きれいな色調のセラミックで修復する予定です。

 

今回のように歯を抜いたまま放置してあり、歯並びが崩れているケースはよくあります。

その治療として、ブリッジなどの被せ物で治す場合もありますが、矯正専門医と連携することで審美的にも改善でき、また削らないことで歯へのダメージを減らす治療方法を選択できる場合もあります。

現在矯正医が3名在籍し、マウスピース矯正、ワイヤー矯正、外科治療を含んだ矯正など幅広いケースに対応しております。

お気軽にご相談ください。

治療期間 2.5年
治療費 ¥1,000,000 + tax
治療のリスク 矯正後に歯の後戻りが起こる可能性がある

 

桶川の歯医者|アズ歯科桶川院|年中無休の歯医者


日付:   カテゴリ:インプラント, 噛み合わせ, 症例集, 矯正治療

関連記事

AS DENTAL CLINIC.
日本歯科医療評価機構

患者様満足度アンケートにご協力ください。

患者様により良い歯科医療を提供するため、
第三者機関に依頼して
満足度調査を行っています。
当院には患者様の個人情報は
一切伝えられません。
是非、たくさんのお言葉をお寄せ下さい。

また、当院では皆様から頂いたご意見をもとに、スタッフ全員で医院をよりよくしていく取り組みを実施しています。
当院について、お気づきになられた点などがございましたら、何でもお気軽にご意見をお寄せください。