048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

インプラント + セラミック

40代男性、左上の歯がない部分の治療相談で来院されました。

来院時、保険診療でも対応できるブリッジや入れ歯にするべきか、保険外診療になるインプラントにするべきか悩んでいました。

抜いた部分は歯が割れてしまい、抜歯になったそうです。

ご自身でも食いしばりの自覚があり、仕事でも力を使う場面が多くあるとのことです。

 

治療方法の相談をしていきます。

仕事中に入れ歯の取り外しは現実的に難しく、固定式のものを希望されました。

ブリッジは固定式のため、取り外す手間もなく噛むことができるようになります。

しかし、両側の歯を大きく削る必要があります。

歯のブリッジのメリット・デメリットとは?歯が抜けた時の治療法検討の参考に

今回の場合、手前の歯が部分的な銀歯のため、健康な部分を追加で多く削る必要が出てしまいます。

また、ブリッジの場合、失った歯の部分にかかる負担を両側の歯で支えます。

噛む力が強く、歯が割れたことによって抜歯になったとのことですから、両側の歯に強い力がかかることが予想できます。

そういった点を考慮し、インプラントでの対応になりました。

 

処置後の写真です。

 

1つ後ろの銀歯も隙間がみられたため、同時に治療を行いました。

 

処置前後での比較です。

歯茎の流れも移行的で、被せ物も綺麗に装着できました。

ブリッジとは違い、1本づつの歯であるため掃除もしやすく歯磨きもしやすい形になっています。

 

ここから定期的的なメンテナンスに移行します。

どの治療も終わってからそれをいかに長く維持できるかが重要になってきます。

自分の歯磨きだけで全ての汚れを落とすことは難しく、取り残しを歯科医院で除去していく必要があります。

症状がなくても、気になるところがなくても定期的な健診をお勧めします。

治療期間 4ヶ月
治療費  ¥500,000+ tax
治療のリスク インプラントが歯周病になる可能性がある。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:インプラント, 症例集

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ