048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

銀歯の下の虫歯

銀歯の下の虫歯(セメントの取り残しによる)

主訴:歯の間が気になる、検診も一緒に希望

年齢とともに歯茎が下がってきて食べ物がつまるようになり、最近歯間ブラシを使うようになった。

ただ、なかなか通らない部分があることに気づき、久しぶりの検診も兼ねてチェックして欲しいと来院されました。

検診も一緒に希望されたため、レントゲン写真撮影、口腔内写真撮影、歯周病検査、ブラッシングのチェックを行っていきます。

そして、患者様が気になっていた部分をマイクロスコープで確認すると、銀歯を装着する際に使用するセメントが残っており、歯と歯の間を埋めてしまっています。

数年前に治療を受けたとのことです。

その状態が下の写真です。

 

この状態では歯ブラシで歯自体を磨けず、歯間ブラシも通りません。

しかし、汚れは中に入ってしまう状況です。

歯を傷つけないように、マイクロスコープを使用しセメントを除去していきます。

固まったあとのセメントはとても硬く簡単には除去できません。

 

一部除去した状態です。

歯石を除去する超音波の機械を用いても硬く、完全に除去できません。

そのため虫歯を削る機器で歯を触らないよう慎重に除去していきます。

 

完全に除去しました。

するとセメントが残っていた影響で、隣の歯の金属の下に虫歯ができてしまっています。

患者様には虫歯の治療が必要な旨を説明しました。

 

セメントの取り残しは時間が経過することで硬くなり、歯石のように歯にこびりついてしまいます。

それが原因で歯周病や虫歯が進行してしまう可能性があります。

こういったことを防ぐために当院ではマイクロスコープを通常の診療で使用し、精度の高い診療レベルを提供しています。

お口の中に気になる部分がある方はお気軽にご相談ください。

治療動画は当院公式のyoutubeチャンネルにあります。

ぜひご覧ください。

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:予防歯科, 症例集, 虫歯治療

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ