048-871-5687

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

入れ歯になる前に手を打つ

多くの歯を失った場合、

保険治療の範囲では、

ブリッジ

という治療ができなくなり、

 

入れ歯

を使用することになります。

 

良い入れ歯を作れば大抵のものは食べることはできますし、

慣れると違和感も感じずに使えます。

 

しかし、

咬む力は元の歯に比べて半分以下になり、

歯みがきの際には口から取り出して掃除する必要があったりと、

今まですべて自分の歯で食事していた人にとって、

入れ歯になることで日常生活に影響が出ることは間違いありません。

 

 

本日は、入れ歯になるかどうか瀬戸際のところで治療を始められた方のお話をします。

 

 

この方は様々な背景からこのような口腔内の状態になり、

当院を受診されました。

 

前歯で咬むことができなくなり、右下の奥歯もなくなり、

食事が取りづらく困っておられました。

 

残ったわずかな歯で食事を取ることを続けていると、

あっという間に残りの歯も欠けたりグラグラになったりでダメになってしまいます。

 

上の歯は裏側がほぼ溶けてしまっており、

これ以上虫歯が進行すれば治療して残すことはできず、

抜歯しなければならないような状況でした。

 

そうなれば最初にお話ししたように、

入れ歯を使用することになります。

 

 

「自分の歯で食べられるようにしたい」

 

入れ歯になる前にもう一度以前のように食事を取っていただきたい。

その思いで治療を開始しました。

 

治療範囲はほぼすべての歯におよび、楽な治療ではありませんでしたが、

患者さんも今の状況を改善するために頑張って通院してくれました。

 

そして、

 

治療が終わりました。

 

右下の奥歯もブリッジ治療を行い、

入れ歯ではなく自分の歯の力で咬むことができています。

 

咬める範囲が広がり余裕が生まれました。

 

以前のように一部の歯で食事を取るわけではなく、

全体で咀嚼できるようになったことで、

歯が欠けたりグラグラするといった心配もありません。

 

治療の前後を見比べてみます。

 

治療前

治療後

 

治療前

治療後

 

治療前

治療後

 

詰め物が取れたり、歯が欠けたりして、

左右どちらかでしか食事を取っていないという方がこの記事を読んでくれていたら、

すぐに治療の相談に来てください。

 

できるだけ自分の歯で咬めるように、

おいしく食事を取っていただけるように。

 

今の状況ならまだ間に合うかもしれません。

お力になれたら幸いです。

 

 

治療期間 8ヶ月
治療費  ¥100,ooo
治療のリスク 被せ物が取れる可能性がある。

 

 

 

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】年中無休


日付:   カテゴリ:全顎治療, 症例集

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ