048-871-5687

お電話が通じにくい場合はこちらへ

電話番号 080-7307-9161

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

歯科用顕微鏡
マイクロスコープMicroscope

歯科用顕微鏡
(マイクロスコープ)とは

マイクロスコープとは、肉眼では見えない箇所も見ることができる精密機器です。
そのため治療の精度を飛躍的にアップさせることができ、成功率が格段に上昇します。

マイクロスコープを常に使用

マイクロスコープは最新の精密機器のため、導入している歯科医院は現時点で3〜5%程度しかありません。
アズ歯科では、マイクロスコープを歯の根の細かい治療(根管治療)はもちろん、審美治療、インプラント治療、さらには一般の保険治療にも使用しています。

その理由は、治療の成功率が格段に違うからです。

そのため、マイクロスコープを使用した精密治療を求め、埼玉県の多くの地域(桶川市、上尾市、さいたま市など)から、多数の患者様がご来院されています。

また、歯科衛生士も含めルーペを使用しています

口の中は狭く、頬や舌などの周囲の器官が存在し、唾液なども常時出てくるためとても見づらく治療しづらい環境にあります。また、外からの光があまり入ってこないため、診療用のライトを使用しても部位によっては、はっきりと確認できない場合があります。

今までは見えない部分に関しては、歯科医師の手の感覚や勘、経験、またはレントゲンを頼りに治療していることがほとんどでした。

現在では歯科用ルーペ(双眼鏡)で治療している医院も増えてきています。ルーペでは種類にもよりますが患部を2~4倍程度に拡大して治療を行うことができます。

当院でも通常の診療では、歯科医師、歯科衛生士全員がルーペを使用し診療を行っております。

ルーペによる限界

ルーペを使用していても治療する部位や治療の種類によっては不十分な場合があります。最終的には手探りでの治療が必要な部分がでてしまいます。

そのように口の中といった治療するには難しい環境で、より精密な治療を行うため、当院では歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を用いた精密治療を行っております。マイクロスコープを使うことで、患部を3~24倍に拡大して治療を行うことができます。

マイクロスコープ

マイクロスコープの治療例はアズ歯科公式youtubeにも多数掲載しております。

動画を見る

双眼ルーペとの違い

マイクロスコープ双眼ルーペ
倍率:3~20倍 倍率:2~10倍
見る角度と光の角度がほぼ同じため、見えるところに光があたり影ができにくい 見る角度と光の角度が異なるため、見えるところに影ができやすい

拡大のメリット

目で見えていた当たり前の世界に、新たな発見があります。

拡大のメリット

虫歯治療

黒丸の部分に金属の被せ物と歯の隙間が確認できます。被せ物を除去して、虫歯に反応する青い染色液を使用した状態です。通常、肉眼では確認できないような小さな隙間や、虫歯を発見することができます。

根管治療

根管治療においては根の先端付近まで確認することができるため、しっかりとした状態の把握が可能になり、精度、成功率の高い治療が可能となります。

以前の根管治療が不十分な場合

以前の根管治療が不十分でやり直しをする際の状態確認をします。
古い材料を全て取り除き、根の先端まで拡大し問題がないか確認を行います。最終的な材料で根の内部を緊密に封鎖します。

根管治療をみる

歯周病治療

マイクロスコープを用いることで、歯茎の中に隠れている、肉眼やルーペでは確認しづらい歯石、汚れを発見することができます。また、痛みの少ない歯石の除去が可能になります。

歯周病を見る

外科治療

根管治療において、根の先の病変が大きく通常の根管治療では治り切らない場合があります。

また、重度の歯周病の場合、通常の歯周病治療だけでは改善しない事もあります。そういったケースでは、追加で外科処置を行う必要があります。当院では外科処置においてもマイクロスコープを使用し、成功率の高い治療を目指しています。

外科治療を見る

しかしながら、マイクロスコープを導入している歯科医院は全国の10%以下といわれています。

当院では2台導入しており、勤務医全員がマイクロスコープを使用しての精密治療をおこなっております。

また、マイクロスコープは様々なメーカーが製造しており、種類によって見え方の違いが大きくでます。当院のマイクロスコープは世界の様々なシーンで使用されており、高い品質を誇るカールツァイスのレンズを使用しております。

三原色補正のアポクロマートレンズ

アポクロマートレンズ 従来のレンズ
アクロマートレンズ
赤、緑、青の三色全ての収差を取り除いています。
そのため像がぼやけることなく視界が鮮明に!
肉眼に影響力のある赤と緑の収差のみ取り除いています。
青の収差がある分、少しぼやけて見える部分も・・・

光透過率99.8%のT*マルチコートレンズ

レンズT*コーティング
(多層膜反射防止コーティング)
従来のレンズ
シングルコーティング
光の透過率:98% 光の透過率:67%

それにより、クリアに確認できるため精度の高い治療が可能です。

現在では、マイクロスコープを用いての治療は保険外診療のみで対応している医院が多くあります。
当院においては保険内外問わず、必要な際はすべての診療においてマイクロスコープを使用し、精度の高い診療を維持できるよう努めております

また、診療の様子を動画、写真で撮影し患者様に分かりやすいよう大型のモニターを使用し説明しています。

「他の医院で治療を受けたがなかなか良くならない歯がある。」「マイクロスコープを用いて全体的に問題がないかチェックして欲しい。」

そういった患者様はお気軽にご相談ください。

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ